T-BOLANの現在

公開日: : 男性歌手

1990年代前半に「離したくはない」や「Bye For Now」等のヒットナンバーを発表されたロックバンドT-BOLAN
最近はどういう活動をされているのでしょうか。
T-BOLANの現在を調べてみました。

T-BOLAN

1987年にアマチュアバンドで活躍されていた青木和義さん(ドラム)が、東海大学理学部の学生だった森友嵐士さん(ボーカル)を誘い、バンド『プリズナー』(T-BOLANの前身)を結成されます。その年の11月、レコード会社主催の『第2回BADオーディション』でグランプリを受賞されました。
翌年7月にバンド名を『BOLAN』とし、インディーズデビューをし、ライブ活動も年間100本以上行われます。ただ森友さんが、当時のバンドメンバーとの音楽性の違いにより、『BOLAN』を脱退されます。そのうえで、他のバンドとの活動を掛け持ちされる等して、音楽活動を続けられます。その間、森友さんが脱退後の『BOLAN』はバンドメンバーの方が次々脱退、「活動停止状態」となります。
1990年に森友さんは再び、青木さんと活動する事を決心されます。『BOLAN』脱退後に出会われた五味孝さん(ギター)・上野博文さん(ベース)を迎えたうえで、『T-BOLAN』を結成されます。

T-BOLAN

1991年7月にシングル「悲しみが痛いよ」でメジャーデビュー後、セカンドシングル「離したくはない」(1991年12月)を発表されます。この曲はテレビドラマ「ホテルウーマン」(1991年・フジテレビ)の挿入歌に起用され、有線にリクエストが殺到、結果的に約50万枚のヒットとなりました。
更に1992年には、9月にリリースの「じれったい愛」、11月は「Bye For Now」と、立て続けにオリコンチャート2位を記録、「Bye~」は初のミリオンセラーとなりました。以降も、「マリア」(1994年9月リリース)等、ヒット曲を生み出し、バンドとして着実に地位を確立していた矢先に試練が襲います。

1995年に開催された『LIVE HEAVEN ’94〜’95』ライブツアー中、ボーカルの森友さんが原因不明の発声障害を発症してしまいます。その後も喉の調子が思わしくありませんでしたが、様子を見つつツアーを続けられました。しかし、大阪厚生年金会館(現・オリックス劇場)大ホールでのツアー最終公演時では、とうとうドクターストップがかかり公演中止の発表をされますが、ファンの期待に応えてライブを強行されました。翌年1996年3月発表のシングル「Be Myself/Heart of Gold 1996」の発表を最後に活動休止状態となります。活動休止中に発売されたベストアルバム「SINGLES」(1996年8月)がオリコン1位を獲得、ミリオンセラーを記録しました。その後、1999年12月に森友さんの喉が、「心因性発声障害」からによる不調と判明されたうえ、原因・治療法が不明と医者から診断を告げられます。これにより、森友さんの申し出からT-BOLANは解散します。

T-BOLAN

【T-BOLANの現在】

T-BOLAN解散後、メンバーはミュージシャンのサポートメンバー等、それぞれの道へ進まれます。
森友さんはラジオ番組のパーソナリティを務める等の活動をされていました。その一方で自身のサイトを開設され、楽曲制作といった音楽活動を再開されていました。やがて森友さんは、2006年8月に行われた「亀田興毅×ファン・ランダエタ」のWBA世界ライトフライ級王座決定戦の前で国歌独唱、視聴率41.2%を記録しました。更に2009年11月、森友さん自身のラジオ番組の公式HPにて、ミュージシャンとしての「活動再開宣言」を発表されました。

2012年6月、解散から13年ぶりにメンバーが集まり再結成を発表されます。同年10~11月に開催された『BEING LEGEND Live Tour 2012』の16都市18公演でDEENやB.B.QUEENSら、90年代に活躍されたバンドと共演をされました。
2014年3~4月にかけて大阪・オリックス劇場、東京・渋谷公会堂で、1995年3月以来の約19年ぶりとなる単独ライブを開催されますが、4月をもって活動を休止されます。その際、ファンの方々から惜しむ声が相次ぎました。

参照元URL:「オリコンニュース

T-BOLAN

この間、ベースの上野さんがクモ膜下出血で倒れ、緊急入院されましたが、家族の支えやリハビリの甲斐もあり、徐々に回復することができました。
そして、2016年の大晦日に一夜限りの再結成をされ、豊洲PITでカウントダウンライブを開催されました。その翌年2017年6月から活動を再開されました。

今年2019年も2~3月にかけて、約23年振りの全国ツアー『T-BOLAN 30th Anniversary LIVE Tour「the Best」~励~』が開催されました。更に7月には、宮崎県宮崎市・青島こどものくにで開催される『FREEDOM beach 2019 in AOSHIMA』(清水翔太さん、希望と太陽のロックバンド(三宅伸治さん・石塚英彦さん・山崎まさよしさん)ら共演)にご出演予定です。

T-BOLAN

T-BOLAN オフィシャルウェブサイト
T-BOLAN facebook

AD

関連記事

西川弘志

西川弘志の現在

1980年代後半〜1990年代にかけ、俳優や歌手として活動されていた西川弘志さん。 漫才師である西

記事を読む

吉田栄作の現在

1990年代初めに織田裕二さん、加勢大周さんらとトレンディードラマ全盛期にブレイクし、俳優・歌手と幅

記事を読む

うじきつよし

うじきつよしの現在

1990年代以降、様々なドラマや映画に役者として、またバラエティー番組や情報番組などに出演し、マルチ

記事を読む

ル・クプル

ル・クプル(歌手)の現在

1997年に大ヒットしたテレビドラマ『ひとつ屋根の下2 』の挿入歌『ひだまりの詩』を歌っていた歌手を

記事を読む

沢向要士

沢向要士の現在

『夕やけニャンニャン』によるオーディションで結成された、おニャン子クラブの男性版グループ「息っ子クラ

記事を読む

井上純一

井上純一の現在

1970年代後半に、『ゆうひが丘の総理大臣』や『あさひが丘の大統領』など学園物のドラマで一世を風靡し

記事を読む

関口誠人

関口誠人(CCB)の現在

1980年代に活躍したバンド『C-C-B』を皆さん覚えてますか? そのバンドの中心メンバーで、一番

記事を読む

新田純一

新田純一の現在

1980年代初めにアイドルとして「レッツゴーヤング」等の歌番組で活躍後、俳優、更には格闘家として多彩

記事を読む

黒田アーサー

黒田アーサーの現在

1990年代、その特徴的な名前と甘いマスクが注目され、俳優やタレントとして活躍した黒田アーサーさん。

記事を読む

前田耕陽

前田耕陽の現在

1980年代にジャニーズ事務所からデビューした初のロックバンド「男闘呼組」(おとこぐみ)。 当時は

記事を読む

AD

AD

  
欧陽菲菲
欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー)の現在

1970年代中盤から1980年代にかけてヒット曲を連発し、ブレイクを果

島崎俊郎
島崎俊郎の現在

1970年代後半から、漫才トリオ「ヒップアップ」のメンバーとして芸能界

佐村河内守
佐村河内守の現在

平成最大のペテン師とも言われる佐村河内守(さむらごうち まもる)さん。

山岸舞彩
山岸舞彩の現在

2005年から2015年までフリーアナウンサーとして活躍し、美形な顔と

アルシンド
アルシンドの現在

1993年日本にプロサッカーリーグJリーグが誕生したその年に鹿島アント

→もっと見る

  
  • 芸能人 昔の顔 情報局
  • 広告募集
PAGE TOP ↑