T-BOLANの現在

公開日: : 男性歌手

1990年代前半に「離したくはない」や「Bye For Now」等のヒットナンバーを発表されたロックバンドT-BOLAN
最近はどういう活動をされているのでしょうか。
T-BOLANの現在を調べてみました。

T-BOLAN

1987年にアマチュアバンドで活躍されていた青木和義さん(ドラム)が、東海大学理学部の学生だった森友嵐士さん(ボーカル)を誘い、バンド『プリズナー』(T-BOLANの前身)を結成されます。その年の11月、レコード会社主催の『第2回BADオーディション』でグランプリを受賞されました。
翌年7月にバンド名を『BOLAN』とし、インディーズデビューをし、ライブ活動も年間100本以上行われます。ただ森友さんが、当時のバンドメンバーとの音楽性の違いにより、『BOLAN』を脱退されます。そのうえで、他のバンドとの活動を掛け持ちされる等して、音楽活動を続けられます。その間、森友さんが脱退後の『BOLAN』はバンドメンバーの方が次々脱退、「活動停止状態」となります。
1990年に森友さんは再び、青木さんと活動する事を決心されます。『BOLAN』脱退後に出会われた五味孝さん(ギター)・上野博文さん(ベース)を迎えたうえで、『T-BOLAN』を結成されます。

T-BOLAN

1991年7月にシングル「悲しみが痛いよ」でメジャーデビュー後、セカンドシングル「離したくはない」(1991年12月)を発表されます。この曲はテレビドラマ「ホテルウーマン」(1991年・フジテレビ)の挿入歌に起用され、有線にリクエストが殺到、結果的に約50万枚のヒットとなりました。
更に1992年には、9月にリリースの「じれったい愛」、11月は「Bye For Now」と、立て続けにオリコンチャート2位を記録、「Bye~」は初のミリオンセラーとなりました。以降も、「マリア」(1994年9月リリース)等、ヒット曲を生み出し、バンドとして着実に地位を確立していた矢先に試練が襲います。

1995年に開催された『LIVE HEAVEN ’94〜’95』ライブツアー中、ボーカルの森友さんが原因不明の発声障害を発症してしまいます。その後も喉の調子が思わしくありませんでしたが、様子を見つつツアーを続けられました。しかし、大阪厚生年金会館(現・オリックス劇場)大ホールでのツアー最終公演時では、とうとうドクターストップがかかり公演中止の発表をされますが、ファンの期待に応えてライブを強行されました。翌年1996年3月発表のシングル「Be Myself/Heart of Gold 1996」の発表を最後に活動休止状態となります。活動休止中に発売されたベストアルバム「SINGLES」(1996年8月)がオリコン1位を獲得、ミリオンセラーを記録しました。その後、1999年12月に森友さんの喉が、「心因性発声障害」からによる不調と判明されたうえ、原因・治療法が不明と医者から診断を告げられます。これにより、森友さんの申し出からT-BOLANは解散します。

T-BOLAN

【T-BOLANの現在】

T-BOLAN解散後、メンバーはミュージシャンのサポートメンバー等、それぞれの道へ進まれます。
森友さんはラジオ番組のパーソナリティを務める等の活動をされていました。その一方で自身のサイトを開設され、楽曲制作といった音楽活動を再開されていました。やがて森友さんは、2006年8月に行われた「亀田興毅×ファン・ランダエタ」のWBA世界ライトフライ級王座決定戦の前で国歌独唱、視聴率41.2%を記録しました。更に2009年11月、森友さん自身のラジオ番組の公式HPにて、ミュージシャンとしての「活動再開宣言」を発表されました。

2012年6月、解散から13年ぶりにメンバーが集まり再結成を発表されます。同年10~11月に開催された『BEING LEGEND Live Tour 2012』の16都市18公演でDEENやB.B.QUEENSら、90年代に活躍されたバンドと共演をされました。
2014年3~4月にかけて大阪・オリックス劇場、東京・渋谷公会堂で、1995年3月以来の約19年ぶりとなる単独ライブを開催されますが、4月をもって活動を休止されます。その際、ファンの方々から惜しむ声が相次ぎました。

参照元URL:「オリコンニュース

T-BOLAN

この間、ベースの上野さんがクモ膜下出血で倒れ、緊急入院されましたが、家族の支えやリハビリの甲斐もあり、徐々に回復することができました。
そして、2016年の大晦日に一夜限りの再結成をされ、豊洲PITでカウントダウンライブを開催されました。その翌年2017年6月から活動を再開されました。

今年2019年も2~3月にかけて、約23年振りの全国ツアー『T-BOLAN 30th Anniversary LIVE Tour「the Best」~励~』が開催されました。更に7月には、宮崎県宮崎市・青島こどものくにで開催される『FREEDOM beach 2019 in AOSHIMA』(清水翔太さん、希望と太陽のロックバンド(三宅伸治さん・石塚英彦さん・山崎まさよしさん)ら共演)にご出演予定です。

T-BOLAN

T-BOLAN オフィシャルウェブサイト
T-BOLAN facebook

AD

関連記事

関口誠人

関口誠人(CCB)の現在

1980年代に活躍したバンド『C-C-B』を皆さん覚えてますか? そのバンドの中心メンバーで、一番

記事を読む

松村雄基

松村雄基の現在

1980年代に一世を風靡したテレビドラマ「スクール☆ウォーズ」で山下真司さん演じる主人公・滝沢賢治と

記事を読む

グレートチキンパワーズ

グレートチキンパワーズの現在

1990年代中頃、お笑いアイドルコンビとして歌にドラマにCMにと大活躍したグレートチキンパワーズ。

記事を読む

長江健次

長江健次(元イモ欽トリオ)の現在

今回は、1980年代前半に人気バラエティー番組『欽ドン!良い子悪い子普通の子』に出演していた長江健次

記事を読む

kan

KAN(シンガーソングライター)の現在

1990年代前半に名曲「愛は勝つ」が大ブレイクし、「NHK紅白歌合戦」にも出場されたシンガーソングラ

記事を読む

三上博史

三上博史の現在

今回は、1980年代後半のトレンディードラマ全盛期を主役としてリードしていた俳優の三上博史さんです。

記事を読む

カルロストシキ

カルロス・トシキの現在

「1986オメガトライブ」、「カルロス・トシキ&オメガトライブ」(1988年)の元リードボーカルです

記事を読む

加藤晴彦

加藤晴彦の現在

1990~2000年代初めにかけ、数々のドラマや映画に出演され、「どうぶつ奇想天外!」や「あいのり」

記事を読む

清水宏次朗

清水宏次朗の現在

1980年代中頃、映画「ビー・バップ・ハイスクール」シリーズで仲村トオルさんとのコンビで人気を集め、

記事を読む

wands

WANDSの現在

1990年代に中山美穂さんとのコラボレーションで「NHK紅白歌合戦」にも出場し、その後は続々とヒット

記事を読む

AD

AD

  
ユンソナ
ユンソナの現在

社会現象となった『韓流ブーム』の先駆け的存在として、2000年代の初め

木村一八
木村一八の現在

漫才師・横山やすしさんの長男として生まれ、テレビドラマの『毎度おさわが

佐竹雅昭の現在

1990年代に格闘技イベント『K-1』の創成期の盛り上げに大いに貢献さ

持田真樹
持田真樹の現在

1990年代初頭にアイドルグループの一員として華々しくデビュー後、大ヒ

T-BOLAN
T-BOLANの現在

1990年代前半に「離したくはない」や「Bye For Now」等のヒ

→もっと見る

  
  • AKB48 LIVE!! ON DEMAND REVIVAL!! ON DEMAND
PAGE TOP ↑