清水宏次朗の現在

公開日: : 男優, 男性タレント, 男性歌手

1980年代中頃、映画「ビー・バップ・ハイスクール」シリーズで仲村トオルさんとのコンビで人気を集め、その後も役者やミュージシャンと、多方面でご活躍された二枚目俳優・清水宏次朗さん。
最近テレビで見かけませんが、どうされているのでしょうか。
清水宏次朗さんの現在を調べてみました。

清水宏次朗

清水宏次朗さんが芸能界へ入るきっかけは、高校在学中に竹の子族として原宿で踊っていた時にスカウトされた事からです。
1981年にアイドルとしてデビュー(当時は「竹 宏治」名義)しますが、その後活動を休業します。
1984年、芸名を本名「清水宏次朗」に改名し、シングル曲「ビリー・ジョエルは似合わない」で第13回東京音楽祭国内新人大会のグランプリを受賞されます。

清水宏次朗

清水宏次朗

1985年、映画「ビー・バップ・ハイスクール」に仲村トオルさんとコンビで主演されます。
清水さんは当時の所属事務所を通じて、本作のオーディションの話が持ちかけられましたが、当本人は(漫画を読んでいない事もあり)、作品自体を知りませんでした。そして、「本作=学園青春物」と思い込み、「3年B組金八先生」や「スクール☆ウォーズ」の様な教師役を演じると思われたそうです。プロデューサーの方に原作漫画の表紙の「ヒロシ」を指されて、ようやく理解したとの事です。
それでも、清水さんが演じられた「ヒロシ」は当たり役となり、数作品にわたりシリーズ化されました(5作目のみ、自身のコンサート・ツアーと重なってしまい、出演を断念せざるを得ませんでしたが、最終作は無事に出演され、有終の美を飾られました)。

清水宏次朗

「ビー・バップ~」シリーズ終了後は、テレビドラマ「はいすくーる落書」(1989年、TBS)や2時間ドラマ等で顔を出していましたが、「ビー・バップ~」のイメージがあったのか、「極道の妻たち」(1986年)等のヤクザ映画やVシネマでの活動が増えていきます。一方で、アニメ映画「ストリートファイターII MOVIE」(1994年)で、主人公・リュウの声を担当する等、マルチな一面を見せていました。

清水宏次朗

現在
ヤクザ映画やVシネマを中心に活動し始めると、「ビー・バップ~」の頃(当時は給料制で「年商4億ぐらい稼いでいた」(本人談)との事です)と比べ収入が下がった事もあり、その対策として六本木にサパークラブ(食事も提供する高級なナイトクラブ)を開店します。ところが、あまり接客業に慣れていなかった事もあり、僅か2年で閉店してしまいます。

2000年代以降は役者稼業の傍ら、ライブやディナーショー等の音楽活動をされ、アルバム「歩み〜Story〜」(2011)やライブDVD「清水宏次朗 デビュー30周年Anniversary“原点回帰”(2011年、Fillmore RECORDS)」も発売されたりしました。
しかし、2014年頃から更年期障害を発症され、手足の震えが止まらなかったり、突然、倒れたりする事があるそうです(不安を紛らわす為、お酒の量も増えてしまったそうです)。
そんな体調の中でも、Vシネマ「関東極道連合会 第三章」(2015年)や、バラエティー番組では「アウト×デラックス」(2014年3月13日、フジテレビ)や「ヨソで言わんとい亭〜ココだけの話が聞ける(秘)料亭〜」(2015年10月22日、テレビ東京)にご出演されていました。

清水宏次朗

ここ最近、体調等の心配もされていた清水宏次朗さんですが、今年2018年7月に、牧野美千子さん(戦隊ヒーロー物「超電子バイオマン」(1984~1985)のピンクファイブ役)が、レジェンドヒーロー90s(90年代の戦隊ヒーロー物で活躍された方々)の皆さんが集まったライブのゲストとして、清水さんを招き、自身の歌も歌われた様子を牧野さんのブログで公開されていました。

清水宏次朗

また、映画やドラマ、及びライブ等で清水さんの元気な姿が観られる日を期待したいですね!

AD

関連記事

コント山口君と竹田君

コント山口君と竹田君の現在

1980年代に一世を風靡したお笑いコンビにコント山口君と竹田君がいました。 冷静な山口君と汗だくで

記事を読む

工藤兄弟

工藤兄弟の現在

1992年4月から1994年9月まで2年半、『笑っていいとも!』の8代目いいとも青年隊を務めた工藤兄

記事を読む

野村宏伸

野村宏伸の現在

1980年代後半に大ヒットしたドラマ『教師びんびん物語』で主演の田原俊彦さんと名コンビを演じた野村宏

記事を読む

ル・クプル

ル・クプル(歌手)の現在

1997年に大ヒットしたテレビドラマ『ひとつ屋根の下2 』の挿入歌『ひだまりの詩』を歌っていた歌手を

記事を読む

風間トオル

風間トオルの現在

かつて雑誌モデルとして人気を博し、その後、トレンディドラマの俳優として活躍した風間トオルさん。 最

記事を読む

ケントデリカットの現在

以前、ビートたけしの番組によく出ていたケントデリカットさん。 最近全然見かけませんが、今何をしてい

記事を読む

楠瀬誠志郎

楠瀬誠志郎の現在

1990年代初めに大ヒットとなったテレビドラマの主題歌「ほっとけないよ」を歌っていたシンガーソングラ

記事を読む

真木蔵人

真木蔵人の現在

1980年代後半〜1990年代前半にかけて活躍した俳優の真木蔵人さん。 「2世タレント」として有名

記事を読む

竹本孝之

竹本孝之の現在

1980年代に甘いマスクでアイドル、俳優として一世を風靡した竹本孝之さん。 最近テレビで見かけませ

記事を読む

三上博史

三上博史の現在

今回は、1980年代後半のトレンディードラマ全盛期を主役としてリードしていた俳優の三上博史さんです。

記事を読む

AD

AD

  
マリエ
マリエの現在

2000年代初めに『セレドル』の愛称で、数々のバラエティー番組に出演さ

嶋大輔の現在

1981年にロックバンド『横浜銀蝿』の「弟分」として芸能界入りし、代表

北乃きい
北乃きいの現在

雑誌のモデルとしてデビューし、女優や歌手、朝の情報番組の司会などマルチ

楠瀬誠志郎
楠瀬誠志郎の現在

1990年代初めに大ヒットとなったテレビドラマの主題歌「ほっとけないよ

研ナオコの現在

「あばよ」や「夏をあきらめて」等の代表曲があり、野口五郎さんや志村けん

→もっと見る

  
PAGE TOP ↑