嶋大輔の現在

公開日: : 最終更新日:2019/03/25 男優, 男性タレント, 男性歌手

1981年にロックバンド『横浜銀蝿』の「弟分」として芸能界入りし、代表曲「男の勲章」が大ヒットし、俳優としても数多くの作品にご出演されていた嶋大輔さん。
最近テレビで見かけませんが、どうされているのでしょうか。
嶋大輔さんの現在を調べてみました。

嶋大輔

嶋大輔さんは1964年5月22日、兵庫県西宮市ご出身です。
中学生の時に兵庫県から神奈川県へ転校して来たものの、自身の関西弁を馬鹿にされた事に腹が立って、グレたそうです。そして、10代の時は、神奈川県藤沢市周辺で暴走族をやっていたという事です。
芸能界入りのきっかけは、「横浜銀蝿のコンサートを見に来ていた時に、マネージャーにスカウトされた事」でした。そして、1981年に横浜銀蝿の弟分として、またテレビドラマ「茜さんのお弁当」(1981年・TBS)で俳優としてデビューされました。

茜さんのお弁当

左下は杉本哲太さん。

翌年の1982年に、2枚目シングル「男の勲章」(1982年4月)が大ヒットし、37.7万枚の売り上げを記録。更に、『第15回日本レコードセールス大賞(現:オリコン年間ランキング)』男性新人賞も受賞し、嶋さんはたちまち若者のカリスマ的存在となりました。

男の勲章

またこの曲は後に、高校野球の応援歌としての使用や、多くのテレビ番組に起用される等、今も根強い人気を誇っています。
その後は、「役者」と「歌手」の2足の草鞋を用いて活動されていましたが、1988年に『俳優・嶋大輔』さんが、よりメジャーとなる作品へ出演される事になります。

嶋大輔

真ん中は杉本哲太さん。

それが、「超獣戦隊ライブマン」(1988~1989年・テレビ朝日)です。『スーパー戦隊シリーズ』第12作へ出演され、主題歌・エンディング曲も熱唱され、当時の子供達のハートをガッチリ掴みました。
以降、『スーパー戦隊シリーズ』は、現在の『平成仮面ライダーシリーズ』と並ぶ、若手俳優の「登竜門」となっており、毎年の様に多くの実力派俳優の方々がここから巣立って行っています。

ライブマン

「ライブマン」以降は、主に俳優活動が中心となっていきました。
当時最先端と言われていた『Vシネマ作品』の1つである「トップライダー」(1991年)や、テレビドラマ「HOTEL」(1990年・TBS)、「東京エレベーターガール」(1992年・TBS)、火曜サスペンス劇場(日本テレビ)等、多くの作品へ出演を重ねられました。

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

【嶋大輔さんの現在】

1990年代後半~2000年代にかけても、俳優として特撮ヒーロー物「ウルトラマンコスモス」(2001~ 2002年・TBS)やテレビドラマ「木更津キャッツアイ」(2001~2002年・TBS)、映画「戦国自衛隊1549(2005年)といった話題作に次々とご出演されます。なかには2001年に制作され、久々に「超獣戦隊ライブマン」の主役レッドファルコンを演じられたVシネマ「百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊」という作品もありました。
しばらく音楽から遠ざかっていた嶋さんでしたが、2003年7月にシングル「男の勲章」のセルフカバー版をリリースされ、話題となります。その2年後の2005年9月には、「男の勲章」の続編と言われる「大人の勲章」が発売され、インディーズにも関わらず、オリコンシングルチャートで初登場20位、インディーズチャート初登場1位を記録するヒットとなりました。

順調に芸能活動をおこなっていた矢先、嶋さんは2013年に突然の『芸能界引退宣言』をされます。自民党からの擁立を受け、「参議院議員選挙」に立候補し、「いじめ問題」に取り組むと明言されていました。ところが、『引退発表記者会見』後に、自民党から嶋さんの擁立を見送る事が伝えられてしまいます。結局、公認を得られませんでした。政治家の道を断念されてからは、自宅も売却され、会社員としてソーラーパネルの営業をされていた時期もあったそうです。

嶋大輔

一時は激太りしました。

その後心機一転、2015年5月に福岡県で自らプロデュースしたカレー店『男の創作カレー鍋ダイニングesora(エソラ)』を開店されました。同年7月には、情報番組「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ)に出演され、芸能界復帰を報告されました。

2016年11月には、音楽ライブイベント『スーパー戦隊“魂”X 2016 東京公演 20世紀編』にご出演され、出世作でもある「超獣戦隊ライブマン」の主題歌&エンディング曲を歌われました。
最近も、映画「劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊」(2017年)に声のみとはいえ、「ライブマン」のレッドファルコン役を演じられました。

また去年放送された、人気漫画のドラマ化作品「今日から俺は!!」(2018年・日本テレビ)のオープニング・ナレーションを担当されました。更に、今作品の主題歌は自身のヒット曲「男の勲章」のカバー(主役の賀来賢人さん&伊藤健太郎さんメインボーカルの『今日俺バンド』によるもの)でした。
ドラマ「今日から俺は!!」放送中の11月放送の音楽特番「ベストアーティスト2018」(日本テレビ)、及び今年2019年2月に放送のトークバラエティー番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ)に出演され、「男の勲章」を熱唱されました。嶋さんの近況はツイッターでも、伺う事ができます。

嶋大輔さんTwitter

嶋大輔

2018年11月

AD

関連記事

チューヤン

チューヤンの現在

バラエティ番組 『進ぬ!電波少年』は、当時楽しく見ていました。 その企画で伊藤高史と共にアフリカ・

記事を読む

井上純一

井上純一の現在

1970年代後半に、『ゆうひが丘の総理大臣』や『あさひが丘の大統領』など学園物のドラマで一世を風靡し

記事を読む

ル・クプル

ル・クプル(歌手)の現在

1997年に大ヒットしたテレビドラマ『ひとつ屋根の下2 』の挿入歌『ひだまりの詩』を歌っていた歌手を

記事を読む

加藤晴彦

加藤晴彦の現在

1990~2000年代初めにかけ、数々のドラマや映画に出演され、「どうぶつ奇想天外!」や「あいのり」

記事を読む

ひかる一平

ひかる一平の現在

1980年代前半に、テレビドラマ「3年B組金八先生」に出演し、その後、アイドル歌手としても活躍した「

記事を読む

森脇健児

森脇健児の現在

1980年代後半から、お笑いタレントの中でアイドル的な人気を誇った松竹芸能所属の森脇健児さん。 関

記事を読む

wands

WANDSの現在

1990年代に中山美穂さんとのコラボレーションで「NHK紅白歌合戦」にも出場し、その後は続々とヒット

記事を読む

ウィッキーさん

ウィッキーさんの現在

かつて、日本テレビ「ズームイン!!朝!」の名物コーナー「ワンポイント英会話」に出演していたウィッキー

記事を読む

kan

KAN(シンガーソングライター)の現在

1990年代前半に名曲「愛は勝つ」が大ブレイクし、「NHK紅白歌合戦」にも出場されたシンガーソングラ

記事を読む

楠瀬誠志郎

楠瀬誠志郎の現在

1990年代初めに大ヒットとなったテレビドラマの主題歌「ほっとけないよ」を歌っていたシンガーソングラ

記事を読む

AD

AD

  
新田純一
新田純一の現在

1980年代初めにアイドルとして「レッツゴーヤング」等の歌番組で活躍後

池上季実子
池上季実子の現在

1970年代にドラマ版「愛と誠」のヒロイン役で注目されて以降、大人の色

青木さやか
青木さやかの現在

2000年代の前半に、「どこ見てんのよ!」のフレーズでお笑い界で一躍花

清水圭
清水圭の現在

1980年代に、関西若手お笑い界の人気を「ダウンタウン」と二分したお笑

黒田アーサー
黒田アーサーの現在

1990年代、その特徴的な名前と甘いマスクが注目され、俳優やタレントと

→もっと見る

  
  • 芸能人 昔の顔 情報局
PAGE TOP ↑