佐竹雅昭の現在

公開日: : 男性スポーツ選手, 男性タレント

1990年代に格闘技イベント『K-1』の創成期の盛り上げに大いに貢献され、テレビ番組やCMにもご出演、一躍「時の人」となられました、佐竹雅昭さん。
最近テレビで見かけませんが、いったいどうされているのでしょうか。
佐竹雅昭さんの現在を調べてみました。

佐竹雅昭

佐竹雅昭さんは、1965年8月17日、大阪府吹田市出身ご出身です。
中学時代に極真空手の生みの親・大山倍達氏の著書に感銘を受けて、空手家の道を志します。17歳の時に正道会館総本部(大阪天満)に入門、僅か2年で黒帯を取得されました。
大学在学時は、『全日本空手道選手権大会』に出場、4回生時(1987年)で初優勝を果たされます(その後も「3連覇・通算4度」の優勝という快挙を成し遂げます)。
関西外国語大学卒業後に、テレビ局入社の内定を蹴り、正道会館の職員となった後、プロへ転向されます。

佐竹雅昭

1990年6月に、「全日本キックボクシング」のリングに参戦、ドン・中矢・ニールセン選手と対決し、『1R2分7秒、左ストレートKO勝ち』を収められます。この勢いで翌年1991年6月開催の『USA大山空手vs正道空手5対5マッチ』では、「熊殺し」ことウィリー・ウィリアムス選手と対戦、判定勝ちをされます。この年の12月より、本格的にプロの格闘家として活動を始められました。
現役時代は、『第1~2回トーワ杯カラテ・ジャパン・オープン』『UKF世界ヘビー級王者』『KICK世界スーパーヘビー級王座』『ISKAオリエンタル世界ヘビー級王座』と多くのタイトルを総ナメにされ、その強さは“怪獣王子”という愛称まで付けられる程でした。
更に試合のみならず、『マジカル頭脳パワー!!』(1990~1999年・日本テレビ)等のクイズ・バラエティー番組やCM「日清食品『桃金ラーメン』」(1994年)、テレビドラマ『聖龍伝説』(1996年・日本テレビ)、に次々とご出演され、お茶の間の人気を得られました。

佐竹雅昭

しかし、1999年10月に開催された『K-1 GRAND PRIX ’99』での武蔵選手と対戦、結果「判定負け」となります。その際、石井和義館長(新日本空手道連盟・正道会館宗師)と結果を巡り口論になりますが、これを機にK-1及び正道会館から離脱されました。2000年には、PRIDEに参戦されますが、2年後の2002年大晦日に開催された『INOKI BOM-BA-YE 2002』での吉田秀彦選手との対戦を最後に、現役引退されました。

佐竹雅昭

【佐竹雅昭さんの現在】

現役引退の翌年2003年10月に京都で自らの道場「総合打撃道 佐竹道場」を開設され、その4年後の2007年には「平成武師道」という(企業・医院などの経営者を対象とした)人間活学塾を設立されました。人材育成や企業社員育成、講演会を各地・各企業で展開されました。
他にも、西本願寺・東本願寺のお坊さんというそれぞれ宗派が異なる「年に1回は顔を合わせる場を」と呼びかけたうえで、『無我の会』を立ち上げられました。そして、天台宗・曹洞宗等といった、多くの宗派を含まれる約140人の大規模な交流会へと成長させました。これらの行動の影響もあってか、2013年5月には自民党から比例代表で選挙に立候補・出馬されますが、落選します。

佐竹雅昭

現在は、JFKO(全日本フルコンタクト空手道連盟)等の格闘技の行事・イベントや企業の講演会にに積極的に参加されています。その一方で、コメンテーターとして時々ではありますがテレビ番組に顔を出されています。昨年2018年1月放送のトーク番組『バラいろダンディ』(TOKYO MX)にご出演され、過去に目撃された『相撲関係者の暴挙』の暴露話をされました。

また、硬派なキャラクターのイメージがある佐竹さんですが、『サブカルチャー研究家』としての一面を持っておられます。フィギュアコレクターや漫画好きでもあり、気に入ったタイトルの作品(漫画)が発売されたら、「大人買い」される程だそうです。サブカルチャー好きなご様子は、最近のツイッターでも、しっかりと伝えられておられます。

佐竹雅昭

ツイッター「佐竹雅昭@heiseibushido
空手道佐竹道場
佐竹雅昭「平成武師道」 

AD

関連記事

三都主アレサンドロ

三都主アレサンドロの現在

かつて、サッカー日本代表として活躍した選手に三都主アレサンドロさんがいました。 ディフェンスから攻

記事を読む

黒田アーサー

黒田アーサーの現在

1990年代、その特徴的な名前と甘いマスクが注目され、俳優やタレントとして活躍した黒田アーサーさん。

記事を読む

竹本孝之

竹本孝之の現在

1980年代に甘いマスクでアイドル、俳優として一世を風靡した竹本孝之さん。 最近テレビで見かけませ

記事を読む

ビスマルク

ビスマルク(元サッカー選手)の現在

1990年代のJリーグで活躍した選手にビスマルク・バレット・ファリアというブラジル人がいました。

記事を読む

工藤兄弟

工藤兄弟の現在

1992年4月から1994年9月まで2年半、『笑っていいとも!』の8代目いいとも青年隊を務めた工藤兄

記事を読む

前田耕陽

前田耕陽の現在

1980年代にジャニーズ事務所からデビューした初のロックバンド「男闘呼組」(おとこぐみ)。 当時は

記事を読む

コント山口君と竹田君

コント山口君と竹田君の現在

1980年代に一世を風靡したお笑いコンビにコント山口君と竹田君がいました。 冷静な山口君と汗だくで

記事を読む

加藤晴彦

加藤晴彦の現在

1990~2000年代初めにかけ、数々のドラマや映画に出演され、「どうぶつ奇想天外!」や「あいのり」

記事を読む

緒形直人

緒形直人の現在

1990年代に数々のTVドラマや映画で主演を務め、日本アカデミー賞新人俳優賞や日本アカデミー賞優秀主

記事を読む

真木蔵人

真木蔵人の現在

1980年代後半〜1990年代前半にかけて活躍した俳優の真木蔵人さん。 「2世タレント」として有名

記事を読む

AD

AD

  
新田純一
新田純一の現在

1980年代初めにアイドルとして「レッツゴーヤング」等の歌番組で活躍後

池上季実子
池上季実子の現在

1970年代にドラマ版「愛と誠」のヒロイン役で注目されて以降、大人の色

青木さやか
青木さやかの現在

2000年代の前半に、「どこ見てんのよ!」のフレーズでお笑い界で一躍花

清水圭
清水圭の現在

1980年代に、関西若手お笑い界の人気を「ダウンタウン」と二分したお笑

黒田アーサー
黒田アーサーの現在

1990年代、その特徴的な名前と甘いマスクが注目され、俳優やタレントと

→もっと見る

  
  • 芸能人 昔の顔 情報局
PAGE TOP ↑