桜井幸子の現在

公開日: : 女優, 女性タレント, 女性歌手

1990年代、テレビドラマ「高校教師」や「未成年」等、野島伸司脚本作品に多数ご出演された桜井幸子さん。ドラマ以外にも映画やCMにも多数出演し、清楚なイメージがあり大変人気がありました。
そんな桜井幸子さんですが、最近テレビで見かけません。いったいどうされているのでしょうか。
桜井幸子さんの現在を調べてみました。

桜井幸子

桜井さんは1973年12月20日、千葉県大網白里市のご出身。
芸能界入りのきっかけは1988年に、CM「サンスターアクアフレッシュ」のオーディションに合格し、そのCMにご出演されました。

翌年1989年にテレビドラマ「青春オーロラ・スピン スワンの涙」(フジテレビ)で役者デビュー。俳優業の他にも、「ともだちでいようよ」(1990年)等のシングル曲やCDアルバムの発表などの『アイドル歌手』としての活動や、当時の人気お笑い番組「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」(1990年~1993年)や「ドリフ大爆笑」(1990年10月、出演時)等にもご出演され、コントにも挑戦されていますが、以降は役者としての活動が中心となっていきます。

桜井幸子

また桜井さんは、私立堀越高等学校(東京都中野区)を卒業されており、同級生には稲垣吾郎さん、夏川りみさん、高橋由美子さん等がいらっしゃいました。特に、高橋さんとはデビューが同じ年(1989年)だった為、互いにライバル視されていた様です。

NHK連続テレビ小説「おんなは度胸」(1992年)での主演ヒロイン役を得た後に、「桜井幸子」の名が、世間に瞬く間に知れ渡るきっかけになった作品にご出演されます。それがテレビドラマ「高校教師」(1993年・TBS)です。野島伸司さん脚本で描かれたこの作品は、真田広之さん演じる教師と桜井さん演じる生徒のとの「禁断の恋」や同性愛、自殺といった、メディアでは扱いにくいものを扱い、話題となりました。(当初、観月ありささんが主演を演じられる予定でしたが、クールな印象があった観月さん(当時)と、この作品における薄幸で暗い役とはイメージが違い、所属事務所と折り合いが付かず、降板されました)。最終回・ラストの電車の中で2人が互いの指に赤い糸を結び、眠って(?)締めくくる場面も、物議を醸しました。

桜井幸子

その後も、当時深刻化していた「いじめ」について深く掘り下げ、KinKi Kidsが出演した事でも話題を呼んだ「人間・失格〜たとえばぼくが死んだら」(1994年)、10~20代の若者達の目の前にぶち当たる苦難や葛藤を描き、かつ浜崎あゆみや谷原章介等、芸能界で活躍する俳優・歌手のブレイク前の姿が垣間見える「未成年」(1995年)と、「高校教師」を含む『TBS野島三部作』と言われる作品に全てご出演され、1990年代を代表する人気女優となられました。

桜井幸子

桜井幸子

【桜井幸子さんの現在】

2000年代に入っても順調に芸能活動は続けられ、テレビドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年・TBS)やNHK大河ドラマ「風林火山」(2007年)で元気な姿を見せておられましたが、2009年12月28日、自身のホームページで芸能界から引退する事を発表されます。過去に、十数回の海外での仕事や留学経験を通して、引退という決断に至ったとの事です。
また桜井さん自身、とても繊細な性格らしく、引退の数年前から事務所関係者に「芸能界は自分には合わない」という、悩みを打ち明けておられたとの事です。そして、競争の激しく厳しい芸能界・俳優業にピリオドを打ち、結婚し、子供を育てるような生活を送りたいと、伝えられたらしいです。

引退後は、会社経営をされているアメリカ人男性と再婚され(2003年に音楽プロデューサーの田中聡さんと結婚されますが、2006年に離婚されています)、アメリカ・ロサンゼルスへ移住されているとの事です。現在まで全くと言っていい程、目撃情報やSNS等が見当たらない為、完全に1人の「一般人」として幸せな生活を送られているのだと考えられます。

桜井幸子

引退した年のドラマ
『コンカツ・リカツ』(2009年、NHK)

桜井幸子

AD

関連記事

藤井一子

藤井一子の現在

藤井一子さんは、1985年のドラマ『毎度おさわがせします』で芸能界入りし、その後、アイドルとして歌に

記事を読む

芳本美代子

芳本美代子の現在

1980後半にアイドルとして活躍した芳本美代子さん。 石川秀美の妹分としてデビューし、「みっちょん

記事を読む

家田荘子の現在

映画「極道の妻たち」シリーズの原作者でもあり、体当たりで実際の現場での取材を通して、数々の作品を手掛

記事を読む

小川範子

小川範子の現在

名子役から女優へとステップアップし、実力派女優として様々なドラマや舞台、映画に出演していた小川範子さ

記事を読む

永井真理子

永井真理子の現在

今回は、1980年代後半から1990年代前半にかけて活躍した女性ボーカリストの永井真理子さんについて

記事を読む

真弓倫子

真弓倫子の現在

1980年代後半に活動していたアイドル 真弓倫子さんを覚えていますか? アイドル歌手としてはブレー

記事を読む

早坂 好恵

早坂好恵の現在

沖縄出身のアイドルとして15歳でデビューし、その後、親しみ深いキャラクターで「笑っていいとも!」など

記事を読む

中村由真

中村由真の現在

1987年に放送されたドラマ「スケバン刑事Ⅲ」は好きでよく見ていましたが、次女の役で出ていた中村由真

記事を読む

千堂あきほ

千堂あきほの現在

1990年代にトレンディードラマやバラエティ番組、CMやグラビアなどで活躍した千堂あきほさん。 知

記事を読む

倉田まり子

倉田まり子の現在

1970年代後半に、NHKの「レッツゴーヤング」という人気歌番組がありました。 その番組に1978

記事を読む

AD

AD

  
マリエ
マリエの現在

2000年代初めに『セレドル』の愛称で、数々のバラエティー番組に出演さ

嶋大輔の現在

1981年にロックバンド『横浜銀蝿』の「弟分」として芸能界入りし、代表

北乃きい
北乃きいの現在

雑誌のモデルとしてデビューし、女優や歌手、朝の情報番組の司会などマルチ

楠瀬誠志郎
楠瀬誠志郎の現在

1990年代初めに大ヒットとなったテレビドラマの主題歌「ほっとけないよ

研ナオコの現在

「あばよ」や「夏をあきらめて」等の代表曲があり、野口五郎さんや志村けん

→もっと見る

  
PAGE TOP ↑