坂口憲二の現在

公開日: : 最終更新日:2019/10/23 男優

テレビドラマ「医龍」シリーズをはじめとする人気作品へ出演され、人気イケメン俳優として2000年代を駆け抜けて来られた坂口憲二さん。
最近テレビで見かけませんが、いったいどうされているのでしょうか。
坂口憲二さんの現在を調べてみました。

坂口憲二

坂口憲二さんは1975年11月8日生まれ、東京都世田谷区ご出身です。
父親は、“世界の荒鷲”と称され『世界王者』の名誉を獲得された元プロレスラー兼柔道家・坂口征二さんであり、長男の坂口征夫さんも総合格闘家兼プロレスラーとして活躍されています。
そんな“格闘一家”のもとで育った次男の憲二さんも柔道二段の持ち主でもあります。

坂口憲二

芸能界入りのきっかけは1999年、ファッション誌「MEN’S CLUB」(ハースト婦人画報社)にてモデルデビュー後、人気を獲得されてからでした。
モデル業を始められた同年から、テレビドラマ「ベストフレンド」(テレビ朝日)へ出演された事を機に俳優としての活動をスタートさせます。

坂口憲二

以降、テレビドラマ「精霊流し〜あなたを忘れない〜」・(2002年・NHK総合)・「さとうきび畑の唄」(2003年・TBS)・「医龍 -Team Medical Dragon-」シリーズ(2006~2014年・フジテレビ)等の人気ドラマ・話題作へ多く出演され、2000年代中期~2010年代初めにかけて人気俳優としての地位を獲得されました。

医龍

また、柔道二段で格闘技にも精通するスポーツマンでもある坂口さんは、2000年と2001年にTBSで放送の特番「スポーツマンNo.1決定戦」へ出場し、ケイン・コスギさんや照英さん等、豪華顔ぶれの出場者の方との勝負に臨まれました。
他にも、「JALホノルルマラソン2005」(2006年1月放送・TBS)や「2006 世界柔道」(フジテレビ)でのナビゲーター及びキャスターも務めておられました。
その一方で、バラエティー番組にも多々顔を出しておられ、「鶴瓶の家族に乾杯」(2010年2月出演・NHK総合)や「笑っていいとも!」(2012年7月出演・フジテレビ)等の番組で自身のエピソードを語られ、番組共演者の方と交流の場を持たれました。

坂口憲二

【坂口憲二さんの現在】

俳優として順風満帆な道を歩まれていた坂口憲二さんに突如、試練が襲います。
体に異変が起き始めたのが2012年8月、坂口さんとしては初舞台「十三人の刺客」へ出演期間中、右股関節の痛みを訴えます。
私生活では、2014年3月にご結婚され、同年9月には長男、2016年6月には次男にも恵まれ、本来なら“幸せの絶頂”にいるはずでした。
しかしながら、結婚直後の2014年6月、出演ドラマ「続・最後から二番目の恋」(フジテレビ)がクランクアップされた後に、“右股関節痛の治療”という理由で約1ヶ月間の休養へ入られます。
休業3ヶ月後、ドキュメンタリー番組「夢の扉」(2011~2016年・TBS)等のナレーションの仕事で復帰されます。その間、テレビドラマ出演の依頼こそ来ていたものの、自身の療養を考慮したうえで辞退され、表に出た仕事は2017年3月まで放送されていたCM『DHC』のみでした。

坂口憲二

坂口憲二

そして2018年3月、坂口憲二さんは診断を受けた「特発性大腿骨壊死症」(太もものつけ根の大腿骨頭へ血液が通わなくなり、骨の組織が壊死する病気で、重症化すれば、歩く事も難しくなる程です)の治療の専念故、芸能活動の無期限休止を発表され、5月をもって、当時の所属事務所との契約も終了となりました。
その後の坂口さんはご家族と共にリハビリに専念された様で、杖をつきながら歩行をされていた時期もあったとの事です。しかし徐々に回復していかれ、自力で歩行や自転車で外出される姿も見られたとの事です。現在は、自身のリハビリと2人のお子さんの子育てで忙しい毎日を送られているそうです。その一方で、芸能界への“復帰”を望むファンの方からの声もある様です。
一方で、坂口さんはご家族でアメリカへの移住への考えがあり、現地で名医のいる病院で難病克服の準備も心にある様です。ただ現時点では、日本で治療に専念するつもりだそうです。

坂口憲二

坂口憲二

【追加情報(2019年10月23日)】

2018年夏に千葉県の九十九里にこだわりの焙煎豆を提供する焙煎所を開設。サーフショップやカフェでコーヒー豆やグッズの卸販売をはじめられたようです。オンラインショップも展開し、2019年春には東京都内に初店舗もオープン。地域密着型のため、住所は非公表のようです。

坂口憲二

坂口憲二

AD

関連記事

伊崎充則

子役 伊嵜充則(伊崎充則)の現在

長渕剛と安田成美が出ていた、1987年のドラマ『親子ジグザグ』を覚えてますか? そのドラマに出てい

記事を読む

真木蔵人

真木蔵人の現在

1980年代後半〜1990年代前半にかけて活躍した俳優の真木蔵人さん。 「2世タレント」として有名

記事を読む

風間トオル

風間トオルの現在

かつて雑誌モデルとして人気を博し、その後、トレンディドラマの俳優として活躍した風間トオルさん。 最

記事を読む

黒田アーサー

黒田アーサーの現在

1990年代、その特徴的な名前と甘いマスクが注目され、俳優やタレントとして活躍した黒田アーサーさん。

記事を読む

セイン・カミュ

セイン・カミュの現在

2000年代前半、人気外国人タレントとして「さんまのSUPERからくりTV」をはじめ、数多くのテレビ

記事を読む

木村一八

木村一八の現在

漫才師・横山やすしさんの長男として生まれ、テレビドラマの『毎度おさわがせします』などに出演され、歌手

記事を読む

高野浩和さん

イソップ 高野浩和の現在

ドラマ「スクールウォーズ」は夢中になって見ていました。 社会的なブームを巻き起こしたにもかかわらず

記事を読む

田村正和

田村正和の現在

1960年代から2018年までダンディー俳優として一時代を築いた田村正和さん。 最近テレビで見かけ

記事を読む

金八先生の加藤役、直江 喜一

金八先生の加藤役 「直江 喜一」の現在

直江喜一さんは、『3年B組金八先生』のシリーズ代表作パート2(1980年)に不良の加藤役で出ていまし

記事を読む

竹本孝之

竹本孝之の現在

1980年代に甘いマスクでアイドル、俳優として一世を風靡した竹本孝之さん。 最近テレビで見かけませ

記事を読む

AD

AD

  
欧陽菲菲
欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー)の現在

1970年代中盤から1980年代にかけてヒット曲を連発し、ブレイクを果

島崎俊郎
島崎俊郎の現在

1970年代後半から、漫才トリオ「ヒップアップ」のメンバーとして芸能界

佐村河内守
佐村河内守の現在

平成最大のペテン師とも言われる佐村河内守(さむらごうち まもる)さん。

山岸舞彩
山岸舞彩の現在

2005年から2015年までフリーアナウンサーとして活躍し、美形な顔と

アルシンド
アルシンドの現在

1993年日本にプロサッカーリーグJリーグが誕生したその年に鹿島アント

→もっと見る

  
  • 芸能人 昔の顔 情報局
  • 広告募集
PAGE TOP ↑