緒形直人の現在

公開日: : 男優, 男性タレント

1990年代に数々のTVドラマや映画で主演を務め、日本アカデミー賞新人俳優賞や日本アカデミー賞優秀主演男優賞などを受賞された緒形直人さん。
芸能一家で育ちつつも、その確かな演技力で『2世タレント』という肩書きを忘れさせる程の活躍をされていましたが、最近はどういう活動をされているのでしょうか。
緒形直人さんの現在を調べてみました。

緒形直人

緒形直人さんは1967年9月22日生まれ、神奈川県横浜市のご出身です。父・緒形拳さん、母・高倉典江さん、兄・緒形幹太さんという芸能(俳優)一家で育ちます。
1987年、劇団青年座研究所に入所され、演技を学ばれます。研究生として在籍中の1988年に、映画「優駿 ORACIÓN」で早くも俳優デビューをされます(この作品では、父親の・緒形拳さんと共演されたうえ、翌年1989年の「第12回日本アカデミー賞」にて親子で各賞(拳さん:優秀助演男優賞、直人さん:新人俳優賞)を受賞されます)。その後、1989年に晴れて劇団青年座の正式・劇団員となられます。

緒形直人

以降も、織田裕二さん・的場浩司さんといった、当時の新進若手俳優共演のテレビドラマ「予備校ブギ」(1990年・TBS)や同じく青年座の先輩俳優でもいらっしゃる西田敏行さん主演のNHK大河ドラマ「翔ぶが如く」(1990年)・「信長 KING OF ZIPANGU」(1992年・主演)、戦後50周年記念公開作品「きけ、わだつみの声 Last Friends」(1995年)と、時代の波に乗る様に話題作へ次々とご出演、人気を獲得されました。
また自身の出演のみならず、紀行番組「世界遺産」(1996~2001年・TBS)等ではナレーションを担当される様になり、演技の枠を大いに広げられました。

予備校ブギ

【緒形直人さんの現在】

1990年代後半~2000年代に入っても芸能活動を続けられる一方、2005年に長年在籍されていた劇団青年座を退団され、西田敏行さんが所属されている芸能事務所「オフィスコバック」へ所属されます。
私生活では、1993年に女優の仙道敦子さん(※1)とご結婚され、現在3人の子供に恵まれていらっしゃいます(そのうち、長男の緒形敦(※2)さんが父と同じく俳優の道を歩まれました)。

仙道敦子

奥様で女優の仙道敦子さん

緒形敦

息子の緒形敦さん

毎月の様にテレビで目にしていた90年代と比べると、出演本数が少なくなった緒形直人さんですが、これには意味がある様です。直人さんは子供の頃、父親(緒形拳さん)が俳優の仕事で殆ど家にいない事が多かったそうです。直人さんは自分の子供には同じ淋しい思いをさせたくないと考え、「仕事」と「家族との時間」のバランスを取る様にされたそうです。

緒形直人

ネットでは「干された?」なんていう噂が出ていますが、全くのデマだと思われ、むしろより活動の幅を広げられている様に思われます。ドラマや映画の他、「ハウス食品」、「JA共済」、「田中貴金属グループ」(2000~2015年頃にかけて)といった多くの企業のCMにご出演される一方、2014年4月には「探偵!ナイトスクープ」(1988年~現在・TOKYO MX)の顧問を務められ、バラエティーの部門へ進出されました。
最近は、歌手・さだまさしさんの原作小説で、認知症を発症した父親を通し家族のあり方を描いた映画「サクラサク」(2014年)、第71回カンヌ国際映画祭『パルム・ドール(最高賞)』獲得作品である「万引き家族」(2018年)、テレビドラマ「ダイアリー」(2018年・BSプレミアム)、「えちてつ物語」(2018年)にご出演と、活動に勢いがある様です。
また緒形直人さんはフェイスブックを開かれていて、自身の近況を告知されています。

緒形直人

参照元URL:
緒形直人オフィシャルHP
緒形直人さんのフェイスブック

(※1)緒形直人さんと同じく90年代に「クリスマス・イブ」(1990年)「あしたがあるから」(1991年)等、TBSのテレビドラマを中心にご活躍され、同じTBS作品「徹底的に愛は…」(1993年・TBS)では共演の吉田栄作さんとのデュオ主題歌「今を抱きしめて」(XJAPANのYOSHIKIさん作曲)が話題となりました。直人さんとの結婚後は、芸能界から身を引かれた状態でしたが、2018年7月にテレビドラマ「この世界の片隅に」(TBS)で約23年ぶりに芸能界復帰をされました。
(※2)アメリカ留学後、現地の芸術系大学への進学を蹴って、帰国され芸能事務所「スターダストプロモーション」へ所属されます。演技レッスン後、21歳でテレビドラマ「陸王」(2017年・TBS)で俳優デビューされ、同年12月放送のダイジェスト版ではナレーションも務められました。

AD

関連記事

ひかる一平

ひかる一平の現在

1980年代前半に、テレビドラマ「3年B組金八先生」に出演し、その後、アイドル歌手としても活躍した「

記事を読む

コント山口君と竹田君

コント山口君と竹田君の現在

1980年代に一世を風靡したお笑いコンビにコント山口君と竹田君がいました。 冷静な山口君と汗だくで

記事を読む

ケントデリカットの現在

以前、ビートたけしの番組によく出ていたケントデリカットさん。 最近全然見かけませんが、今何をしてい

記事を読む

竹本孝之

竹本孝之の現在

1980年代に甘いマスクでアイドル、俳優として一世を風靡した竹本孝之さん。 最近テレビで見かけませ

記事を読む

三上博史

三上博史の現在

今回は、1980年代後半のトレンディードラマ全盛期を主役としてリードしていた俳優の三上博史さんです。

記事を読む

西川弘志

西川弘志の現在

1980年代後半〜1990年代にかけ、俳優や歌手として活動されていた西川弘志さん。 漫才師である西

記事を読む

森脇健児

森脇健児の現在

1980年代後半から、お笑いタレントの中でアイドル的な人気を誇った松竹芸能所属の森脇健児さん。 関

記事を読む

柏原崇

柏原崇の現在

1990年代に「白線流し」や「イタズラなKiss」といった話題作に出演、日本のみならずアジア各国でも

記事を読む

嶋大輔の現在

1981年にロックバンド『横浜銀蝿』の「弟分」として芸能界入りし、代表曲「男の勲章」が大ヒットし、俳

記事を読む

岡田浩暉

岡田浩暉の現在

1990年代に俳優として『もしも願いが叶うなら』、『愛していると言ってくれ』、『年ナースのお仕事』等

記事を読む

AD

AD

  
ひかる一平
ひかる一平の現在

1980年代前半に、テレビドラマ「3年B組金八先生」に出演し、その後、

真中瞳
真中瞳の現在

かつて、バラエティーの企画から芸能界入りをし、キャスターとしても活躍。

ピンクの電話
「ピンクの電話」の現在

1980〜1990年代に、存在感抜群の『凸凹コンビ』として、数多くのバ

森川由加里
森川由加里の現在

1987年にテレビドラマ「男女7人秋物語」の主題歌として大ヒットした「

吉田栄作の現在

1990年代初めに織田裕二さん、加勢大周さんらとトレンディードラマ全盛

→もっと見る

  
  • 芸能人 昔の顔 情報局
PAGE TOP ↑