小保方さんの現在

公開日: : その他

2014年に『STAP細胞』の発表で“リケジョの星”として注目を浴びるも、“でっち上げ”と分かった途端に周囲から総スカンを食らい、いつの間にか理化学界から姿を消した、小保方(晴子)さん
最近はテレビなどで取り上げられませんが、いったいどうされているのでしょうか。
小保方さんの現在を調べてみました。

小保方さん

小保方(晴子)さんは、1983年9月25日生まれ、千葉県松戸市ご出身です。
幼少期から生命や再生医療等に興味を持ち、研究者を志す様になります。
2002年4月、早稲田大学理工学部に入学されます。卒業研究では微生物に関する研究に取り組み、2006年3月に早稲田大学理工学部を卒業されます。
その後、早稲田大学大学院に進学、専門分野を転向し東京女子医科大学先端生命医科学研究所の研修生として、『先端生命医科学センター (TWIns) 』にて「再生医療」の研究を開始されます。

『早稲田大学大学院理工学研究科・応用化学専攻修士課程』を修了した2008年、4月に『早稲田大学大学院先進理工学研究科・生命医科学専攻博士課程』に進学した際は、『日本学術振興会特別研究員 (DC1) 』に採択されました。
2011年4月から約2年間、『理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)ゲノムリプログラミング研究チーム・客員研究員』として、『STAP細胞』(外からの刺激により体細胞を初期化する現象“刺激惹起性多能性獲得”(stimulus-triggered acquisition of pluripotency〈STAP〉)から得られる全ての生体組織&胎盤組織に分化可能な多能性のある細胞)の研究に取り組まれます。2014年1月末にSTAP研究を発表、『リケジョの星』『ノーベル賞級の発見』として世間から注目を浴び、一躍“時の人”となられます。

小保方さん

ところが、STAP論文や博士論文での不正疑義が発覚し、2014年2月から理化学研究所等が調査を開始し、3月末には早稲田大学も博士論文について「調査委員会」を立ち上げました。
翌4月に小保方晴子さんが釈明記者会見を開き、“STAP細胞はあります!”や“200回以上の作製にも成功しました”という様な事を言い、不正が無かったと主張するも、弁護団経由でコメントを発信していた事もあり、この会見や彼女のコメントも批判を受けてしまいます。
その後、公表された報告書によると、小保方晴子さんの製本された論文に『米国立衛生研究所(NIH)』のWEBサイトからの英文コピーや画像流用等といった、問題点がみつかり、そのうちの数ヶ所は“故意による不正”と認定されました。
2014年10月に早稲田大学は小保方晴子さんの博士号を取り消すと決定し、11月には学位・取り消しの確定が発表されました。そして同年12月に理化学研究所を退職しました。
更に同月には、検証実験結果が発表され、『STAP細胞』が再現できない事が明らかにされました。

小保方さん

【小保方さんの現在】

騒動から約1年後の2016年1月、小保方晴子さんは『STAP細胞問題』に触れた手記「あの日」(講談社)を出版して、話題を呼びました。この本は発売1か月で26万部を超えるベストセラーとなり、当時の小保方晴子さんへの印税は3000万円程とも言われました。

小保方さん

同年5月に発売された「婦人公論」(中央公論新社)では、小保方晴子さんと瀬戸内寂聴さんの対談記事が掲載され、2年振りにメディアへの登場となられ、自身の“グラビア”写真も披露されました。
この「婦人公論」での瀬戸内寂聴さんとの対談及び、騒動~理研退職後の事を綴った著書「小保方晴子日記」(中央公論新社)も2018年3月に出版されました。

小保方さん

そして今年2020年現在、東京で地道に働きつつ、趣味に興じる日々を送っている彼女の姿が取材されました。小保方晴子さんは都内の洋菓子店に勤める傍ら、雀荘を訪れてはフリーで麻雀を打っておられる様です。そして昨年2019年頃からは同棲相手も見つけておられ、相手の方と暮らす家から職場へと通われているとの事です。

小保方さん

小保方さん

AD

関連記事

斉藤真由美

斉藤真由美の現在

1980年代後半から、女子バレーボール界を盛り上げ、益子直美と並んでアイドル的な存在だった斉藤真由美

記事を読む

ウィッキーさん

ウィッキーさんの現在

かつて、日本テレビ「ズームイン!!朝!」の名物コーナー「ワンポイント英会話」に出演していたウィッキー

記事を読む

ムツゴロウさん

畑 正憲(ムツゴロウ)の現在

ムツゴロウさん。そういえば最近見なかったですね。 ムツゴロウさんが動物と戯れるテレビ番組がかつてゴ

記事を読む

佐村河内守

佐村河内守の現在

平成最大のペテン師とも言われる佐村河内守(さむらごうち まもる)さん。一時は世間を席巻し、苦難の作曲

記事を読む

LINDBERG

LINDBERG(リンドバーグ)の現在

1980年代終わりから1990年代にかけて起こった『第二次バンドブーム』の真っ只中、代表曲「今すぐK

記事を読む

間下このみ

間下このみの現在

今回は、1980年代にドラマやバラエティ、CM、舞台などで活躍し、人気子役だった間下このみさんについ

記事を読む

北野大

北野大(ビートたけしの兄)の現在

1980年代後半に『関口宏のサンデーモーニング』、『クイズダービー』、『平成教育委員会』などでタレン

記事を読む

大石恵の現在

1990年代にテレビ朝日「ニュースステーション」のお天気キャスターとして出演され、女優・歌手などの活

記事を読む

幸田シャーミン

幸田シャーミンの現在

1980年代にニュース番組『FNNスーパータイム』で故逸見政孝さんとともにキャスターを務めていた幸田

記事を読む

ピンクの電話

「ピンクの電話」の現在

1980〜1990年代に、存在感抜群の『凸凹コンビ』として、数多くのバラエティー番組で活躍された女性

記事を読む

AD

AD

  
時任三郎
時任三郎の現在

大ヒットドラマ「ふぞろいの林檎たち」で注目を浴び、1980~1990年

伊東美咲
伊東美咲の現在

2000年代前半に女優として活躍し鮮烈な印象を残した伊東美咲さん。綺麗

小保方さん
小保方さんの現在

2014年に『STAP細胞』の発表で“リケジョの星”として注目を浴びる

欧陽菲菲
欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー)の現在

1970年代中盤から1980年代にかけてヒット曲を連発し、ブレイクを果

島崎俊郎
島崎俊郎の現在

1970年代後半から、漫才トリオ「ヒップアップ」のメンバーとして芸能界

→もっと見る

  
  • 芸能人 昔の顔 情報局
  • 広告募集
PAGE TOP ↑