西島洋介山(ボクサー)の現在

公開日: : 最終更新日:2019/03/25 男性スポーツ選手

日本人初の重量級チャンピオンのプロボクサーとして注目を浴び、総合格闘技へ転向されると、ピーター・アーツやボブ・サップとも熱戦を繰り広げられた、西島洋介山さん。
最近テレビで見かけませんが、いったいどうされているのでしょうか。
西島洋介山さんの現在を調べました。

西島洋介山

西島洋介山(現在は本名の西島洋介)さんは、1973年5月15日生まれ、東京都のご出身。
高校時代に渡辺治会長から突然、「君はヘビー級チャンピオンになれる」とスカウトを受け、オサムジムへ入門されます。そして1992年3月、高校卒業間もなくして『西島洋介山』というリングネームでプロデビューをされます。これは「山のように大きくなれ」という意味を込めて、渡辺会長から命名されたとの事です。
1995年2月に出場された「NABO北米クルーザー級王座」にて、判定勝ちにより日本人で初めての重量級チャンピオンとなられます。また地下足袋姿で、彼が繰り出す『手裏剣パンチ』『宇宙パンチ』も注目の的となりました。
翌年1996年10月に出場の、「OPBF東洋太平洋クルーザー級王座決定戦」でのピーター・キンセラ選手(オーストラリア)との対決で3回のKOにより、初の「JBC認定王者」となられました。

西島洋介山

1997年7月、「WBF世界クルーザー級王座決定戦」に出場、アメリカのブライアン・ラスバタと対戦後、12回判定で勝利し、世界王座獲得を果たされます。しかし、WBFはJBC未公認であるが故、国内の正式な世界王者として認定を受けられませんでした。そして、JBCがWBF王座を返上する事を要求、西島さんは拒否しますが、所属するオサムジムが彼に無断で返上します。
この事に反発した西島さんが1997年11月、「絶縁状」を提出したうえでオサムジムを離れます。

翌年1998年から活動拠点をアメリカとし、3月にカリフォルニア州カーソンで試合を行いますが、リングネームを本名の『西島洋介』へ改めた故、JBCから無期限のライセンス停止処分を科されます(これにより、日本国内での試合に参加する事が不可能になりました)。
また、両ひじの負傷もあり、2003年7月の「カリフォルニア州クルーザー級王座決定戦」の出場(2回TKO負け)を最後に、プロボクサーを引退されます。
2005年6月に総合格闘技へ転向、「PRIDE」参戦を表明されます。元K-1王者のマーク・ハント(2006年2月)や柔道の吉田秀彦選手(2006年5月)らと激闘を繰り広げ、勝利を手にする事はできなかったものの、各試合は高視聴率を叩き出しました。

pride31

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

【西島洋介山さんの現在】

2007年大晦日の対メルヴィン・マヌーフ(元ケイジ・レイジ世界ライトヘビー級チャンピオン)戦以降は、トラック運転手に転職されていた時期があるとの事です。
しかし、2009年7月にK-1と契約し、翌月8月にK-1王者ピーター・アーツと復帰戦を行う事を発表、格闘技界に再挑戦されます。そして8月に、代々木競技場にてピーター・アーツと対戦。結果はKO負けで終わるものの、周囲から高評価を得ます(また、この時期は自身の生活費やマンションのローンを稼ぐ為、トレーニングの合間にラーメン屋等でアルバイトをされていたそうです)。
2013年6月、熊本県の益城町総合体育館にて11月開催の格闘技イベント「LEGEND4」で、ボブ・サップと引退試合に出場する事を発表。11月になり「LEGEND4」が開催され、西島選手は「野獣」ことボブ・サップとの引退試合に臨まれます。またこの試合は、情報バラエティー番組「有吉ジャポン」(TBS)の番組内で中継されるまで注目を浴び、結果は1RKO勝ちという『有終の美』を飾られました。

西島洋介山

引退後、現在は東京都西新宿にある格闘技ジム「ヒデズ・キック」にて、『マスターにし』という名義のトレーナーとしてボクササイズ等を指導されています。
その傍ら、VIPのボディーガードを務められる時もあるそうです。
西島さんの将来の夢は自身のジムを開設し、その一角にバーを設けて、皆で楽しむ事なのだそうです。そんな自分の夢を抱きつつ、日々奮闘しておられます。

西島洋介山

HIDE’S KICK!:新宿 スポーツジム

デイリーペディア

AD

関連記事

三都主アレサンドロ

三都主アレサンドロの現在

かつて、サッカー日本代表として活躍した選手に三都主アレサンドロさんがいました。 ディフェンスから攻

記事を読む

呂比須 ワグナー

呂比須 ワグナーの現在

元サッカー日本代表、呂比須 ワグナー(ロペス ワグナー)は、今どうしているのでしょうか。調べてみまし

記事を読む

佐竹雅昭の現在

1990年代に格闘技イベント『K-1』の創成期の盛り上げに大いに貢献され、テレビ番組やCMにもご出演

記事を読む

ビスマルク

ビスマルク(元サッカー選手)の現在

1990年代のJリーグで活躍した選手にビスマルク・バレット・ファリアというブラジル人がいました。

記事を読む

AD

AD

  
黒田アーサー
黒田アーサーの現在

1990年代、その特徴的な名前と甘いマスクが注目され、俳優やタレントと

本上まなみ
本上まなみの現在

2000年代に“癒し系女優”として人気を集め、モデル・エッセイスト・番

小柳ゆき
小柳ゆきの現在

1999年にシングル「あなたのキスを数えましょう 〜You were

坂口憲二
坂口憲二の現在

テレビドラマ「医龍」シリーズをはじめとする人気作品へ出演され、人気イケ

ひかる一平
ひかる一平の現在

1980年代前半に、テレビドラマ「3年B組金八先生」に出演し、その後、

→もっと見る

  
  • 芸能人 昔の顔 情報局
PAGE TOP ↑