森脇健児の現在

公開日: : 最終更新日:2018/09/28 男性タレント

1980年代後半から、お笑いタレントの中でアイドル的な人気を誇った松竹芸能所属の森脇健児さん。
関西圏では『ざまぁKANKAN!』、1990年に入ると東京に進出し『笑っていいとも!』、『夢がMORIMORI』などで活躍しました。
そんな森脇健児さん、最近東京のテレビではあまり見かけませんが、今どうしているのでしょうか。
森脇健児さんの現在を調べました。

森脇健児

森脇健児さんは、高校3年生の時に「第1回松竹芸能タレントオーディション」に合格し、松竹芸能に入りました。
その後、22歳頃から関西ローカルで同じ事務所の山田雅人さんとのコンビで『ざまぁKANKAN!』、ソロでも『森脇健児の青春ベジタブル』などにメインで出演し、アイドル的な人気となりました。

1990年に入ってからは東京に進出し、様々なバラエティー番組やドラマ『逢いたい時にあなたはいない…』(1991年)、『君のためにできること』(1992年)などに出演。

1993年から1996年までは、マンダム「ギャツビー」のCMで俳優の吉田栄作さんと共演していました。

森脇健児

また、ルックスの良さから写真集も出ていました。

森脇健児

CDも出していました。

森脇健児

持っていたレギュラー番組の終了後、なかなか全国区でメインのレギュラー番組を獲得できず、1999年には活動の拠点を関西に戻しました。

京都の高校陸上競技史上に名を残す洛南高校「森脇三兄弟」の次男として有名だった森脇健児さんは、1990年代後半以降、『最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦』、『オールスター感謝祭』のミニマラソンなど、スポーツ系の仕事が多くなっていきました。

関西ローカルで放送されていた『走る男』シリーズは、2008年から6年間続いた人気番組でした。

2014年には、ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』に野球部の監督役で出演されていたようです。

森脇健児

森脇健児

森脇健児

森脇健児さんは、2014年現在47歳。
既婚で1男1女だそうです。

森脇一家

森脇一家

AD

関連記事

清水宏次朗

清水宏次朗の現在

1980年代中頃、映画「ビー・バップ・ハイスクール」シリーズで仲村トオルさんとのコンビで人気を集め、

記事を読む

加藤晴彦

加藤晴彦の現在

1990~2000年代初めにかけ、数々のドラマや映画に出演され、「どうぶつ奇想天外!」や「あいのり」

記事を読む

田村正和

田村正和の現在

1960年代から2018年までダンディー俳優として一時代を築いた田村正和さん。 最近テレビで見かけ

記事を読む

ひかる一平

ひかる一平の現在

1980年代前半に、テレビドラマ「3年B組金八先生」に出演し、その後、アイドル歌手としても活躍した「

記事を読む

井上純一

井上純一の現在

1970年代後半に、『ゆうひが丘の総理大臣』や『あさひが丘の大統領』など学園物のドラマで一世を風靡し

記事を読む

ムツゴロウさん

畑 正憲(ムツゴロウ)の現在

ムツゴロウさん。そういえば最近見なかったですね。 ムツゴロウさんが動物と戯れるテレビ番組がかつてゴ

記事を読む

工藤兄弟

工藤兄弟の現在

1992年4月から1994年9月まで2年半、『笑っていいとも!』の8代目いいとも青年隊を務めた工藤兄

記事を読む

LL BROTHERS

LL BROTHERSの現在

1985年〜1996年まで放送していた人気番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』。 その中の人

記事を読む

チャック・ウィルソン

チャック・ウィルソンの現在

1980年代に外国人タレントの先駆けとして『世界まるごとHOWマッチ』などのバラエティー番組で活躍し

記事を読む

ケント・ギルバート

ケント・ギルバートの現在

1980年代~1990年代にかけて、日本に住む外国人知識人としてテレビでよく見かけたケント・ギルバー

記事を読む

AD

AD

  
時任三郎
時任三郎の現在

大ヒットドラマ「ふぞろいの林檎たち」で注目を浴び、1980~1990年

伊東美咲
伊東美咲の現在

2000年代前半に女優として活躍し鮮烈な印象を残した伊東美咲さん。綺麗

小保方さん
小保方さんの現在

2014年に『STAP細胞』の発表で“リケジョの星”として注目を浴びる

欧陽菲菲
欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー)の現在

1970年代中盤から1980年代にかけてヒット曲を連発し、ブレイクを果

島崎俊郎
島崎俊郎の現在

1970年代後半から、漫才トリオ「ヒップアップ」のメンバーとして芸能界

→もっと見る

  
  • 芸能人 昔の顔 情報局
  • 広告募集
PAGE TOP ↑