松村雄基の現在

公開日: : 男優, 男性歌手

1980年代に一世を風靡したテレビドラマ「スクール☆ウォーズ」で山下真司さん演じる主人公・滝沢賢治と激しくぶつかる生徒・大木大助を熱演され、その後、大映ドラマの常連俳優として活躍された松村雄基さん。
最近はどういう活動をされているのでしょうか。
松村雄基さんの現在を調べてみました。

松村雄基

松村雄基さんは、1963年11月7日東京都文京区出身。元々、芸能界や俳優にそれ程興味が無く、本人曰く「どこか遠くの世界」だったとの事です。しかし中学生の時に、同級生の母親に知り合いの芸能事務所社長を紹介されたことにより芸能界入りされます。そして、「劇団俳小」のタレント育成コースで2年間演技レッスンを受けた後、高校在学中の1980年にテレビドラマ「生徒諸君!」(1980年・テレビ朝日)で俳優デビューをされます。
テレビドラマ「少女が大人になる時 その細き道」(1984年・TBS)で初レギュラーを果たされてからは、「スクール☆ウォーズ」(1984~1985年・TBS)、「乳姉妹」(1985年・TBS)、「ポニーテールはふり向かない」(1985~1986年・TBS)に続々と出演され、1980年代の大映ドラマには欠かせない存在として活躍されました。

松村雄基

大映ドラマが下火となった1990年代以降も俳優としての活躍を続けられ、2時間ドラマ・時代劇・刑事ドラマと、ジャンルにとらわれず演技の幅を広げていかれました。
また、90年代後半からは舞台へと活動範囲を広げ、「ミュージカル 南太平洋」(1999年・青山劇場)、「宮本武蔵」(2000年)、「忠臣蔵 いのち燃ゆるとき」(2007年・明治座)等、数多くの作品で舞台に立たれました。

【松村雄基さんの現在】

芸能活動の他に、剣舞家としての一面を持たれています。30歳の時(1993年)に書道家の女玉環さんへ弟子入りをされ、書道を始められます。更に、その2年後に開催の「第17回東京書作展」で、『内閣総理大臣賞』を受賞され、才能を開花されます(因みにファンクラブの、3ヶ月に1度発行される会報『武雄伝』は直筆でかなりの量で送られて来るそうです…)。

俳優デビューと同時期にシングル「セクシーNo.1」(1981年6月)で歌手デビューもされていましたが、80年代後半以降は曲を出さず歌手活動を休業されていましたが、2006年にライブを始める形で歌手活動を再開されます。また、2013年に1987年の発売以来から約26年振りに自身のオリジナルアルバム『武雄傳』をリリースされました。
また2016年頃から、自身がシャンソンにハマって意識して歌う様になったと明かされました。
そして今年、「シャンソンライブ」を行われた事に対し、朝の情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ)から密着取材を受けられたとの事です。

松村雄基

現在も俳優業は順調に継続されています。
テレビドラマ「駅弁刑事・神保徳之助11」(2017年・TBS)や、去年2018年公開された映画「聖域~組長の最も長い一日~」1~2では、ドラマ「スクール☆ウォーズ」で共演された山下真司さんと久々の顔合わせとなられました(出演OBの小沢仁志さんもご出演されておられます)。
そして舞台でも、「ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭」(2017年・明治座 、2018年・梅田芸術劇場)や「マクベス」(2019年・三越劇場)にご出演されています。

また最近は、バラエティー番組にも出演される様にもなり、「クイズ!脳ベルSHOW」(2016年3月、2018年2月(出演時)・BSフジ)で回答者として出演され、去年2018年10月放送の「有吉反省会」(日本テレビ)にご出演された際も、『自身の動画が残念である事』を反省されました。松村さんは、最近人気の動画編集アプリ「TikTok」にもハマっておられる様で、自身のツイッターで動画を公開されておられます。80年代のドラマの硬派なイメージと違って、年齢を重ねて丸くなり、ちょっとお茶目な感じにもなった様にも思える松村さんです。

松村雄基オフィシャルサイト
松村雄基Twitter

ちなみに、スクールウォーズに出演していた宮田恭男さんは、1994年に芸能界を引退し、実家のすし店「都寿司」(三軒茶屋)ですし職人として働いておられます。

スクールウォーズ

宮田恭男

松村雄基さんがスクールウォーズで演じた役のモデルとされる「京都一のワル」と恐れられた「弥栄(やさか)の清悟(しんご)」こと山本清悟さんは、卒業後、自分の様なツッパリだった生徒をどうにかしたいという思いで日本体育大学に進学。現在は奈良県立奈良朱雀高等学校の保健体育教諭・ラグビー部顧問を務めているそうです。

山本清悟

「弥栄の清悟」こと山本清悟さん。

AD

関連記事

前田耕陽

前田耕陽の現在

1980年代にジャニーズ事務所からデビューした初のロックバンド「男闘呼組」(おとこぐみ)。 当時は

記事を読む

カルロストシキ

カルロス・トシキの現在

「1986オメガトライブ」、「カルロス・トシキ&オメガトライブ」(1988年)の元リードボーカルです

記事を読む

池田政典

池田政典の現在

1980年代後半に活躍した男性歌手の池田政典さんを覚えていますか? CMソングやアニメソングなどを

記事を読む

風間トオル

風間トオルの現在

かつて雑誌モデルとして人気を博し、その後、トレンディドラマの俳優として活躍した風間トオルさん。 最

記事を読む

岡田浩暉

岡田浩暉の現在

1990年代に俳優として『もしも願いが叶うなら』、『愛していると言ってくれ』、『年ナースのお仕事』等

記事を読む

長江健次

長江健次(元イモ欽トリオ)の現在

今回は、1980年代前半に人気バラエティー番組『欽ドン!良い子悪い子普通の子』に出演していた長江健次

記事を読む

野村宏伸

野村宏伸の現在

1980年代後半に大ヒットしたドラマ『教師びんびん物語』で主演の田原俊彦さんと名コンビを演じた野村宏

記事を読む

三上博史

三上博史の現在

今回は、1980年代後半のトレンディードラマ全盛期を主役としてリードしていた俳優の三上博史さんです。

記事を読む

加勢大周

加勢大周の現在

1990年代にトレンディー俳優として活躍した加勢大周さん。 桑田佳祐さん初監督の映画『稲村ジェーン

記事を読む

筒井道隆

筒井道隆の現在

1990年代前半にトレンディ俳優として数々のドラマに出演し、アイドル的な人気を博した筒井道隆さん。

記事を読む

AD

AD

  
ユンソナ
ユンソナの現在

社会現象となった『韓流ブーム』の先駆け的存在として、2000年代の初め

木村一八
木村一八の現在

漫才師・横山やすしさんの長男として生まれ、テレビドラマの『毎度おさわが

佐竹雅昭の現在

1990年代に格闘技イベント『K-1』の創成期の盛り上げに大いに貢献さ

持田真樹
持田真樹の現在

1990年代初頭にアイドルグループの一員として華々しくデビュー後、大ヒ

T-BOLAN
T-BOLANの現在

1990年代前半に「離したくはない」や「Bye For Now」等のヒ

→もっと見る

  
  • AKB48 LIVE!! ON DEMAND REVIVAL!! ON DEMAND
PAGE TOP ↑