LINDBERG(リンドバーグ)の現在

公開日: : その他, 女性歌手

1980年代終わりから1990年代にかけて起こった『第二次バンドブーム』の真っ只中、代表曲「今すぐKiss Me」により一躍メジャーバンドの仲間入りを果たし、若者から絶大な支持を得たバンド『LINDBERG(リンドバーグ)』。
あのLINDBERG(リンドバーグ)は今どうしているのでしょうか。
LINDBERG(リンドバーグ)の現在を調べてみました。

LINDBERG

LINDBERG(リンドバーグ)は、アイドルとして活動していた渡瀬麻紀(マキ)さん・彼女のバックバンドのメンバーをされていた平川達也さん(ギター)・彼の音楽仲間の川添智久さん(ベース)・小柳昌法さん(ドラムス)さんをメンバーとして1988年に結成、翌年1989年4月にシングル「ROUTE 246」でデビューされます。

LINDBERG

セカンドシングル「今すぐKISS ME」(1990年2月リリース・オリコン年間3位)は、彼等の最大のヒット曲・代表曲となりました。

LINDBERG

その後、「恋をしようよ Yeah! Yeah!」(1992年4月リリース)や「だってそうじゃない!?」(1993年10月リリース)等、ヒット曲を連発し人気を不動のものとされます。
1995年にレコード会社移籍後も、シングル「もっと愛しあいましょ」(1995年11月発売)等、曲を次々とリリースされます。しかし人気絶頂の中、1997年10月にボーカル・渡瀬マキさんとギター・平川達也さんがご結婚され、1999年には(産休の為の)『活動休止』をされます。
『活動休止』後、2001~2002年にかけて所属レコード会社を転々としつつ、バンド活動を続けられますが、2002年8月に渋谷で開催されたライブを最後にバンドの『解散』を発表されました。

LINDBERG

【LINDBERG(リンドバーグ)現在】

解散から7年後の2009年2月に渡瀬マキさんが、自身のソロライブで年末までの“期間限定”の再結成を発表し、4月には新録音ベストアルバム「LINDBERG XX」が発売されました。
そして春より『LINDBERG 20th Anniversary LIVE』が開催され、Shibuya O-WESTにてメンバー全員が7年振りに集結したライブが行われました。その後は、夏の野外イベントやロックフェスに積極的に参加されました。秋になると、9月に日本武道館・単独公演を約12年振りに開催されました。
冬にかけて全国6か所でツアーライブを決行、その年の大みそかに行われた中野サンプラザの公演で、再びバンド活動に幕を閉じられます。

『LINDBERG』活動休止の間も渡瀬マキさんは、夫である平川達也さんと共に『スマイルゴーラウンド』(2008年)『タツマキ」(2010年)というユニットを結成され活動、タレントとしても多くのテレビ番組に出演されました。また、自身の長男(1999年に出産、2003年には長女にも恵まれる)が好きな子供番組「モンすたージオ」(2004~2008年・キッズステーション)のテーマソングを夫婦で手掛けた(作詞:渡瀬マキ・作&編曲:平川達也)事もありました。

LINDBERG

活動休止から4年後の2014年1月、バンド結成25周年を記念し『継続的な活動』としての再始動が明らかとなり、所属事務所からも同内容のコメントが寄せられました。宣言通り、2014年4月に『復活ライブ』、7~8月の夏にかけてライブツアーが開催されました。
ところが昨年2018年4月、渡瀬マキさんが喉の不調を訴え、「機能性発声障害」と診断されました。
渡瀬マキさんのオフィシャルサイトでもその事が公表されたうえで、『LINDBERGとしてのパフォーマンス披露は、まだ難しいと判断しております。ご理解を頂き、LINDBERGを見守って頂ければ幸いでございます。』と伝えられました。しかし、今年2019年はLINDBERGがデビュー30周年を迎え、オフィシャルサイトにて、メンバー全員が喜びのメッセージを送られました。更にファンクラブ会員限定として、Tシャツやリストバンドが入ったお楽しみ袋を販売される、というファンの方々に対する強い愛情が伝わってきます。定期的に投稿されているインスタグラム等のSNSにも、多くのファンからのメッセージが寄せられています。
渡瀬マキさんの体調は改善傾向にあり、彼女のブログによると、今年5月には元Winkでタレントの相田翔子さんとのプレミアムライブが開催されるとの事です。

LINDBERG

LINDBERGオフィシャルサイト

渡瀬マキ公式ブログ

LINDBERGインスタグラム lindberg2014

AD

関連記事

石川秀美

石川秀美の現在

『花の82年組』としてデビュー後、アイドル全盛期の中で活躍された石川秀美さん。周知のように、元・シブ

記事を読む

伊藤智恵理

伊藤智恵理の現在

1980年代後半に活躍したアイドル歌手の伊藤智恵理さん。 スレンダーな体型、涼しげな目つき、アイド

記事を読む

幸田シャーミン

幸田シャーミンの現在

1980年代にニュース番組『FNNスーパータイム』で故逸見政孝さんとともにキャスターを務めていた幸田

記事を読む

金子マリ

金子マリ(金子ノブアキの母)の現在

1970年代前半にジャニス・ジョプリンを彷彿とさせた歌声から、「下北沢のジャニス」と異名をとったロッ

記事を読む

鈴木蘭々

鈴木蘭々の現在

1980年代後半〜1990年代にかけてバラエティーなどで人気のあった鈴木蘭々さん。 元気いっぱいで

記事を読む

研ナオコの現在

「あばよ」や「夏をあきらめて」等の代表曲があり、野口五郎さんや志村けんさんとのコミカルな掛け合いでお

記事を読む

小田茜

小田茜の現在

小学6年生の時に「全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞し、その後、歌手や女優として活躍し

記事を読む

セイントフォー

セイントフォー(歌手)の現在

1980年代に活躍した女性アイドルグループのセイントフォーを覚えていますか? ゴレンジャーのような

記事を読む

田村英里子

田村英里子の現在

オーディション「決定!全日本歌謡選抜・スターは君だ」でグランプリを受賞し、歌手デビュー。 そして、

記事を読む

牧瀬里穂

牧瀬里穂の現在

JR東海のCM「クリスマス・エクスプレス」で一躍トップスターになった牧瀬里穂さん。 見ると元気の出

記事を読む

AD

AD

  
高知東生
高知東生の現在

1990年代後半~2000年代にかけて数多くの映画・ドラマに出演し、男

新田純一
新田純一の現在

1980年代初めにアイドルとして「レッツゴーヤング」等の歌番組で活躍後

池上季実子
池上季実子の現在

1970年代にドラマ版「愛と誠」のヒロイン役で注目されて以降、大人の色

青木さやか
青木さやかの現在

2000年代の前半に、「どこ見てんのよ!」のフレーズでお笑い界で一躍花

清水圭
清水圭の現在

1980年代に、関西若手お笑い界の人気を「ダウンタウン」と二分したお笑

→もっと見る

  
  • 芸能人 昔の顔 情報局
PAGE TOP ↑