楠瀬誠志郎の現在

公開日: : 最終更新日:2019/03/25 男性歌手

1990年代初めに大ヒットとなったテレビドラマの主題歌「ほっとけないよ」を歌っていたシンガーソングライターの楠瀬誠志郎さん。
最近テレビで見かけませんが、どういう活動をされているのでしょうか。
楠瀬誠志郎さんの現在を調べてみました。

楠瀬誠志郎

楠瀬誠志郎さんは、1960年2月9日生まれ、東京都小金井市出身。
父親は声楽家の楠瀬一途さんで、幼い頃から音楽に囲まれた環境で育ち、父親から「言葉から発する、自分の思いを相手に伝える大切さ」を厳しく教えられたそうです。
また、自身もゆくゆくは音楽の道へ進むだろうと、自然に決められたそうです。
高校生の頃から、ライブハウス『新宿ロフト』へ通う様になり、山下達郎さんらが在籍しておられたバンド『シュガー・ベイブ』のライブを見た事がきっかけで、ドラム奏者・村上 “ポンタ” 秀一さんのもとに弟子入りをされます。以降は、EPOさんや杉真理さん達のステージコーラスや、来生たかおさんらのレコーディングに参加されます。そして、楠瀬さん自身も1980年代前半頃から、多くのアイドルやアーティストの方(本田美奈子さん、SMAP、沢田研二さん等)への楽曲提供を始められます。

楠瀬誠志郎

1986年、偶然にもCMソングを歌う楠瀬さんの歌声に耳を傾けたCBSソニー(現:Sony Records)の方から声を掛けられ、シングル「宝島」を同年4月にリリースし、シンガーソングライターとしてデビューされます。以降、シングル&アルバムを多く発表されていかれます。
1991年放送のテレビドラマ「ADブギ」(TBS)の主題歌に起用されたシングル「ほっとけないよ」(1991年)が70万枚の大ヒットを記録し、楠瀬さんの知名度がグンと上がる事になりました。因みにこの曲は当初、ドラマ「ADブギ」に出演されていたダウンタウンの浜田雅功さんが歌われる予定だったとの事です。浜田さんの声に合わせ、高めのキーに作られたと、ダウンタウンMCの音楽番組「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」(2010年11月8日)に出演された際に語られました。またこの曲と、その後リリースされた「君と歩きたい」(1992年5月)と「しあわせまだかい」(1994年6月)が、シングル“恋愛3部作”と言われています。

ADブギ

また、1989年のアルバムのタイトル曲「僕がどんなに君を好きか、君は知らない」は郷ひろみさんが1993年にカバーし、ドラマの主題歌として大ヒットしました。

その後も、本田美奈子さんとのデュエットソング「Fall in love with you-恋に落ちて-」(1995年11月)や「大東建託」のCMソングとして起用された「道」等を発表され、これまでに約23枚のシングル・12枚のオリジナルアルバムを発表されておられます。
他にも、音楽プロデューサー・武部聡志さんのもと、同じくシンガーソングライターの崎谷健次郎さんとロックミュージシャン・KATSUMIさんと3人で『adam』というコーラスグループを結成されていた時期(1991~1994年)もありました。
また自身の持ち歌やメジャーソングのみならず、日本の童謡や唱歌等を歌われるライブ『うたごよみ』といった新しい試みに挑戦され、幅広い分野でご活躍されました。

AKB48 LIVE!! ON DEMAND

【楠瀬誠志郎さんの現在】

2000年からは、ヴォイストレーニングアカデミー『Academy of INTERNAL CUBe』を設立、2006年にも東京・表参道に『Breavo-paraスタジオ』を開講され、「表現」をする素晴らしさや楽しさ・気持ちよさを伝え続けておられます。その一貫として、著書「人生と運命を変える声の育て方」(マガジンハウス・2007年)や「声の出し方、話し方」(主婦の友社・2011年)等を出版されます。
そして2012年から歌手活動を再開、翌年2013年には「STB139」(東京・六本木)にてライブをされ、ファンの方々を喜ばせました。

2017年5月に14年振りに自身のアルバム「LET’S SWEET GROOVE」をリリースされました。
去年2018年7月14日に放送されました音楽特番「音楽の日2018」(TBS)に、同じく90年代に活躍されたバンド『To Be Continued』の方々と共にご出演され、久々にテレビで「ほっとけないよ」を披露されました。最近もライブを精力的に行われており、今年2019年2月に東京・吉祥寺で「春まで待てない、春のSONGS GARDEN」が行われました。

楠瀬誠志郎

楠瀬誠志郎オフィシャルウェブサイト
楠瀬誠志郎インスタグラム

AD

関連記事

嶋大輔の現在

1981年にロックバンド『横浜銀蝿』の「弟分」として芸能界入りし、代表曲「男の勲章」が大ヒットし、俳

記事を読む

カルロストシキ

カルロス・トシキの現在

「1986オメガトライブ」、「カルロス・トシキ&オメガトライブ」(1988年)の元リードボーカルです

記事を読む

柏原崇

柏原崇の現在

1990年代に「白線流し」や「イタズラなKiss」といった話題作に出演、日本のみならずアジア各国でも

記事を読む

wands

WANDSの現在

1990年代に中山美穂さんとのコラボレーションで「NHK紅白歌合戦」にも出場し、その後は続々とヒット

記事を読む

関口誠人

関口誠人(CCB)の現在

1980年代に活躍したバンド『C-C-B』を皆さん覚えてますか? そのバンドの中心メンバーで、一番

記事を読む

前田耕陽

前田耕陽の現在

1980年代にジャニーズ事務所からデビューした初のロックバンド「男闘呼組」(おとこぐみ)。 当時は

記事を読む

グレートチキンパワーズ

グレートチキンパワーズの現在

1990年代中頃、お笑いアイドルコンビとして歌にドラマにCMにと大活躍したグレートチキンパワーズ。

記事を読む

ルック

ルック(音楽グループ)の現在

1980年代に活躍した音楽グループ『ルック』を覚えていますか? デビュー曲のCMソング「シャイニン

記事を読む

池田政典

池田政典の現在

1980年代後半に活躍した男性歌手の池田政典さんを覚えていますか? CMソングやアニメソングなどを

記事を読む

木村一八

木村一八の現在

漫才師・横山やすしさんの長男として生まれ、テレビドラマの『毎度おさわがせします』などに出演され、歌手

記事を読む

AD

AD

  
相川七瀬
相川七瀬の現在

1990年代後半~2000年代始めにかけて、影のあるワイルドな魅力を持

LINDBERG
LINDBERG(リンドバーグ)の現在

1980年代終わりから1990年代にかけて起こった『第二次バンドブーム

My Little Lover
My Little Loverの現在

1990年代に小林武史さんプロデュースの下でデビューし、akkoさんの

桂銀淑の現在

1980年〜1990年代にかけて、ハスキーボイスでヒット曲を連発。数々

遠山景織子
遠山景織子の現在

大ヒット作「高校教師」の劇場版で注目され、ドラマや映画、コントなどで1

→もっと見る

  
  • 芸能人 昔の顔 情報局
PAGE TOP ↑