小柳ゆきの現在

公開日: : 女性歌手

1999年にシングル「あなたのキスを数えましょう 〜You were mine〜」で鮮烈なデビューを飾り、その確かな歌唱力と声量で多くの若者の支持を獲得された歌手の小柳ゆきさん。最近テレビで見かけませんが、いったいどうされているのでしょうか。
小柳ゆきさんの現在を調べてみました。

小柳ゆき

小柳ゆきさんは1982年1月26日生まれ、埼玉県大宮市ご出身です。
1994年、12歳の時に『コロムビア歌謡曲新人歌手オーディション』に出場され、全国決勝大会にまで勝ち進みました。その実績が音楽事務所の目に留まり、デビューの誘いを受けますが、多忙な学業故に誘いを断られます。その数年後の1997年、再びデビューの誘いを受けます。ただ今度は“歌手デビュー”に向け、準備を始めます。高校に通いつつ約1年間にわたり、ボイストレーニングとデモテープ作りを重ねていきます。

小柳ゆき

オーディション後、デビューシングル「あなたのキスを数えましょう 〜You were mine〜」(1999年)が45週連続チャートインという大ヒットを記録しました。
翌2000年3月に高校卒業、歌手活動を本格化させます。「愛情/can’t hold me back」(2000年4月)・「be alive」(2000年7月・オリコン1位獲得・『第33回日本有線大賞』グランプリ受賞曲)と、同年に発表された曲は次々とヒット、当時の若者のカラオケのナンバーとなりました。更に、その年のNHK紅白歌合戦に初出場を果たして以降、2002年まで3年連続出場を果たされました。

小柳ゆき

【小柳ゆきさんの現在】

歌手として人気絶頂の中、2005年1月に単身英ロンドンにわたり、4ヶ月間過ごされます。
帰国後、18枚目シングル「最後に記憶を消して」(2005年4月リリース)を発表されますが、オリコンチャート最高位100位という結果で終わります。4ヶ月というブランクや、この時期は倖田來未さんや浜崎あゆみさんらが次々と人気が急上昇していたのも理由にあるのかもしれません。
それでも、翌2006年には9月に単独ライブツアーを開催し(ZEPP TOKYO・なんばHatch)、多くの観客を沸かせました。
また、洋楽のカバーでも定評のある小柳ゆきさんは、Yuki-K名義のもとエイミー・ワインハウス、ビヨンセを日本語でカバーした企画シングル「Rehab – 女神たちの休息 – / Listen」(2008年2月リリース)を発表されます。

小柳ゆき

2010年代に入っても、音楽活動の勢いに衰えはありませんでした。2006年以来、4年振りである単独ライブ(7月に赤坂BLITZ、8月には大阪なんばHatchにて)が開催されました。その間の7月21日にアコースティックライブ「プレミアム・ミーツ・プレミアム2010」(浜離宮朝日ホール)も行われ、精力的に活動されます。
その2年後の2012年1月26日、自身の30歳の誕生日となるこの日に、米カーネギー・ホールで開かれた交流イベント『KAJIKI’S ARTIST SHOW』内の特別コンサートに出演されます。そこで日本の童謡「ふるさと」を歌われる一面を見せ、在米日本人の観客の中に涙を浮かべる方もいらっしゃったとの事です。

小柳ゆき

その後は、舞台「ウィズ〜オズの魔法使い〜」(2012年9~11月・東京国際フォーラム他)への出演や音楽紀行番組「学び舎の歌声 〜with a smile〜」(2017~2018年・三重テレビ放送)の進行役等を務められました。現在も自身のラジオ番組「小柳ゆき drive your heart」(2013年~現在・FM NACK5)を持たれ、社交的な活動を継続されておられます。
そんな中、昨年2018年12月に“デビューから20年という節目に、新たな船出を決意”という事で、所属していた事務所バーニングプロダクションの退社を発表、年末をもって独立をされました。
その事を自身のSNSで翌2019年1月に報告されました。

新しいスタートを切り、今年2019年7月の『8フェス 2019』(三重県鈴鹿市)への出演、そして9月には、デビュー20周年ライブ『YUKI KOYANAGI 20th Anniversary Live “DON $ YOKU”』(舞浜アンフィシアター)を控えています。
近況等は、自身のツイッターやインスタグラムで確認する事ができます。

小柳ゆき

小柳ゆきオフィシャルWEBサイト
小柳ゆきオフィシャルブログ
インスタグラム「yuki_koyanagi」

AD

関連記事

島田奈美

島田奈美の現在

1980年代中旬から後半にかけて、正統派アイドルとして活躍した島田奈美さん。 島田奈美さんは清純そ

記事を読む

LINDBERG

LINDBERG(リンドバーグ)の現在

1980年代終わりから1990年代にかけて起こった『第二次バンドブーム』の真っ只中、代表曲「今すぐK

記事を読む

大石恵の現在

1990年代にテレビ朝日「ニュースステーション」のお天気キャスターとして出演され、女優・歌手などの活

記事を読む

大沢逸美

大沢逸美の現在

1980年代前半にホリプロスカウトキャラバンでグランプリを受賞し、その後、アイドル歌手や女優として活

記事を読む

中村由真

中村由真の現在

1987年に放送されたドラマ「スケバン刑事Ⅲ」は好きでよく見ていましたが、次女の役で出ていた中村由真

記事を読む

伊藤智恵理

伊藤智恵理の現在

1980年代後半に活躍したアイドル歌手の伊藤智恵理さん。 スレンダーな体型、涼しげな目つき、アイド

記事を読む

工藤夕貴

工藤夕貴の現在

1980年代にアイドル、女優として活躍した工藤夕貴さん。 最近テレビで見かけませんが、今はどうされ

記事を読む

小田茜

小田茜の現在

小学6年生の時に「全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞し、その後、歌手や女優として活躍し

記事を読む

SHOW-YA

SHOW-YA(ロックバンド)の現在

1980年代後半に活躍した5人組の女性ロックバンドSHOW-YA。 当時は女性だけのロックバンド、

記事を読む

増田未亜

増田未亜の現在

「アイドル氷河期」と言われた1980年代後半から1990年代前半にかけて活躍した増田未亜さん。 童

記事を読む

AD

AD

  
高知東生
高知東生の現在

1990年代後半~2000年代にかけて数多くの映画・ドラマに出演し、男

新田純一
新田純一の現在

1980年代初めにアイドルとして「レッツゴーヤング」等の歌番組で活躍後

池上季実子
池上季実子の現在

1970年代にドラマ版「愛と誠」のヒロイン役で注目されて以降、大人の色

青木さやか
青木さやかの現在

2000年代の前半に、「どこ見てんのよ!」のフレーズでお笑い界で一躍花

清水圭
清水圭の現在

1980年代に、関西若手お笑い界の人気を「ダウンタウン」と二分したお笑

→もっと見る

  
  • 芸能人 昔の顔 情報局
PAGE TOP ↑