小島聖の現在

公開日: : 最終更新日:2019/02/25 女優, 女性タレント

1990年代にドラマ、映画、グラビアなどで活躍していた小島聖さん。当時は雑誌の表紙などでもたびたび拝見していましたが、最近はほとんど見かけることはありません。
そんな小島聖さんは、今どうされているのでしょうか。
小島聖さんの現在を調べてみました。

小島聖

小島聖さんは劇団ひまわりの子役を経て、1989年のNHK大河ドラマ『春日局』への出演を皮切りに、様々はドラマや映画に出演されていました。
当時の代表作には『タスマニア物語』『NIGHT HEAD』『ナースのお仕事』などがありました。
順調に俳優としてのキャリアを積み、若手女優として注目されている最中、映画『NIGHT HEAD』で共演し、同棲していたた豊川悦司さんとの交際破局が1997年に報じられると、テレビにはほとんど出演しなくなりました。

小島聖

小島聖

1999年には、篠山紀信撮影のヘアヌード写真集を出版したり、監禁をテーマにした映画『完全なる飼育』ではヌードを披露するなど、女優としての路線変更を試みました。
同年には映画『あつもの』で第54回毎日映画コンクール女優助演賞を受賞されています。

2000年、裏原宿系ブランドSOPHNET.(ソフネット)の有名デザイナーで、同ブランドを扱うSOPH.(ソフ)の経営者清永浩文さんと結婚するも2013年6月に離婚。
オーガニック料理教室に通い、子供は居なかったので日々夫のために健康に配慮した料理を作っていたそうですが、仕事一筋の夫とは会話もなくすれ違いの生活だったようです。

小島聖さんは2018年現在42歳。
現在も実力派女優として、映画やドラマ、舞台などで活躍されています。
2018年3月には初のエッセイ本『野生のベリージャム』を刊行。プライベートで大自然に魅せられ、国内のみならず海外の山へと旅を重ねてきた小島聖さんが、バックパックひとつで何日もテントで過ごすために大切にしている「何を食べるか」について書かれている本だそうです。
ちなみに、「小島聖」は本名で、「聖」は父親が好きな聖岳に由来するそうです。

小島聖

小島聖

小島聖

小島聖

小島聖

ラジオ J-waveにゲスト出演(2018年)

小島聖さんのブログ

AD

関連記事

パイレーツ

パイレーツの現在

1990年代後期に「だっちゅ~の」の掛け声で大ブレイクした、2人組のグラビアアイドル兼お笑い芸人のパ

記事を読む

河合その子

河合その子の現在

1980年代中期~後期にかけて、アイドルグループ「おニャン子クラブ」のメンバーとして人気を博した河合

記事を読む

坂井真紀

坂井真紀の現在

1990年代に数々のドラマの話題作に出演され、その後は映画・バラエティーとマルチに活躍の場を広げられ

記事を読む

一色紗英

一色紗英の現在

1991年、フジテレビ系ドラマ『学校へ行こう!』でデビュー。その後、5代目リハウスガールに起用され人

記事を読む

白石麻子

おニャン子 白石麻子の現在

1980年代中頃、夕方に『夕やけニャンニャン』というテレビ番組がありましたが、その番組にオーディショ

記事を読む

五十嵐いづみ

五十嵐いづみの現在

1980年代~1990年代にかけて活躍した女優の五十嵐いづみさんを覚えていますか。 『ビーバップハ

記事を読む

鈴木蘭々

鈴木蘭々の現在

1980年代後半〜1990年代にかけてバラエティーなどで人気のあった鈴木蘭々さん。 元気いっぱいで

記事を読む

遠山景織子

遠山景織子の現在

大ヒット作「高校教師」の劇場版で注目され、ドラマや映画、コントなどで1990~2000年代にかけて幅

記事を読む

伊藤かずえ

伊藤かずえの現在

伊藤かずえさんといえば、『不良少女とよばれて』(1984年)、『スクール☆ウォーズ』(1984年)、

記事を読む

新田恵利

新田恵利の現在

1980年代に一世を風靡したアイドルグループ「おニャン子クラブ」。その中心メンバーとして人気を誇った

記事を読む

AD

AD

  
真中瞳
真中瞳の現在

かつて、バラエティーの企画から芸能界入りをし、キャスターとしても活躍。

ピンクの電話
「ピンクの電話」の現在

1980〜1990年代に、存在感抜群の『凸凹コンビ』として、数多くのバ

森川由加里
森川由加里の現在

1987年にテレビドラマ「男女7人秋物語」の主題歌として大ヒットした「

吉田栄作の現在

1990年代初めに織田裕二さん、加勢大周さんらとトレンディードラマ全盛

石原真理子
石原真理子の現在

テレビドラマ「ふぞろいの林檎たち」で注目され、1980年代の“清純派女

→もっと見る

  
  • 芸能人 昔の顔 情報局
PAGE TOP ↑