木村一八の現在

公開日: : 男優, 男性タレント, 男性歌手

漫才師・横山やすしさんの長男として生まれ、テレビドラマの『毎度おさわがせします』などに出演され、歌手としても活躍された木村一八さん。
最近テレビで見かけませんが、いったいどうされているのでしょうか。
木村一八さんの現在を調べてみました。

木村一八

木村一八さんは、1969年11月17日、大阪府摂津市のご出身。父親は、1980年代初めに漫才ブームを築き上げた『やすしきよし』の横山やすしさんです。
この『一八』という名前は、父・やすしさんが「人生一か八か」という思いで付けられた等、様々な説があります。
中学在学中の1983年、テレビ番組「やすきよの笑って日曜日」(1983~1986年・テレビ朝日)に出演され芸能界入りを果たし、父・横山やすしさん主演映画「唐獅子株式会社」(1984年)で映画初出演をされました。
その後、人気テレビドラマ「毎度おさわがせします」(1985年・TBS)の主演を務め、中山美穂さんと共演され、一気に知名度を上げられます。

木村一八

更に、映画「シャコタン☆ブギ」(1987年)の主役を演じられ、歌手としてもシングル「オレたちだけの約束」(1986年1月発売)が大ヒット(オリコン週間チャート最高位8位)し、期待の若手俳優として注目されました。

木村一八

ところが芸能活動が順調に行っていた矢先に、事件が起きます。
1988年11月、当時19歳だった一八さんは飲み仲間と六本木で、乗車拒否をしたタクシー運転手に対し重傷を負わせるまで暴行を加えたとして傷害容疑で逮捕されてしまいます。

この事件は当時、一貫して一八さんが悪い様に報じられましたが、後に出版された著書によると、様々な事情があった様です。一八さんの幼馴染であり、当時アイドルだった相楽晴子さんから紹介したい人がいると言われ、その『彼氏』とは俳優・原田芳雄さんの息子・喧太さんで、一度会ってほしいと言われます。すると、喧太さんが遠くで誰かと揉めているのを見た一八さん。どうやら喧太さんが、タクシーに乗車拒否された事に立腹し、タクシーの車体に蹴りを入れた様です。更に怒ったタクシー運転手と喧太さんが揉めました。しかし、タクシー運転手の体が大きく、喧太さんが敵う相手じゃないと感じたそうです。それを察した一八さんが助けに行き、タクシー運転手に重症を負わせてしまったとの事です。この事件により、相手のタクシー運転手は脳挫傷で入院、味覚や嗅覚が失われたそうです。マスコミは当初、一八さんが未成年ということで名前を伏せた報道をする点もありましたが、「俳優」という事で「実名報道」されてしまいます。

一八さんは、出演ドラマの打ち切りや被害者の方への賠償として1億円を払わなかればならなくなりますが、所属事務所だった吉本興業が払うことになりましたが、彼に対し「懲戒処分」として「専属契約解消」という判断を下します。当時未成年だったという事で、少年院での1年の生活の後に出所されます。以降は、映画「いつかギラギラする日」(1992年)やVシネマ「タフ」シリーズ(1990~1992年)等、ワイルドな役やVシネマ作品の出演が増えていきました。

木村一八

【木村一八さんの現在】

現在も、一八さんは俳優として、Vシネマ等で活躍されていらっしゃいます。
ある番組で木村一八さんは、現在一般人のお嫁さんになっている妹である木村ひかりさん(「さゆみ・ひかり」の漫才コンビとして現在も活躍中)のお子さんについて語られました。自身は「ヤクザ」ばかり演じてあまり見せられないから、普通の役にも挑戦してみたいと心境を語っておられました。

木村一八

また最近は執筆活動に取り組まれ、昨年2018年2月、自身の著書『父・横山やすし伝説』(宝島社)を発表されました。更に約15年振りにバラエティ番組「ウケる!偉人伝」(2018年10月8日放送・日本テレビ)にも出演、記事のインタビューにも応じ、「(酒は弱いものの)先輩芸人達から煽られ、無理して飲んでいた事」「家庭内ではとても家族をとても大切にしてくれた」等、父・横山やすしさんの知られざるエピソードについて語られました。
Vシネマでヤクザ役が多く、怖いイメージが多かった一八さんでしたが、現在の姿は、髪の毛は大半が白髪に黒縁メガネという、父・横山やすしさんに似て、年齢を重ねすっかり丸くなった感じになられました。プライベートでも、友人でもある元・光GENJIメンバーの大沢樹生さんとのツーショット写真が、昨年12月に公開されました。

木村一八

AD

関連記事

kan

KAN(シンガーソングライター)の現在

1990年代前半に名曲「愛は勝つ」が大ブレイクし、「NHK紅白歌合戦」にも出場されたシンガーソングラ

記事を読む

セイン・カミュ

セイン・カミュの現在

2000年代前半、人気外国人タレントとして「さんまのSUPERからくりTV」をはじめ、数多くのテレビ

記事を読む

清水圭

清水圭の現在

1980年代に、関西若手お笑い界の人気を「ダウンタウン」と二分したお笑いコンビ「圭・修」の元メンバー

記事を読む

前田耕陽

前田耕陽の現在

1980年代にジャニーズ事務所からデビューした初のロックバンド「男闘呼組」(おとこぐみ)。 当時は

記事を読む

清水宏次朗

清水宏次朗の現在

1980年代中頃、映画「ビー・バップ・ハイスクール」シリーズで仲村トオルさんとのコンビで人気を集め、

記事を読む

加勢大周

加勢大周の現在

1990年代にトレンディー俳優として活躍した加勢大周さん。 桑田佳祐さん初監督の映画『稲村ジェーン

記事を読む

北野大

北野大(ビートたけしの兄)の現在

1980年代後半に『関口宏のサンデーモーニング』、『クイズダービー』、『平成教育委員会』などでタレン

記事を読む

KONTA(コンタ)

KONTA(バービーボーイズ)の現在

1980年代に活躍したロックバンド「BARBEE BOYS(バービーボーイズ)」。 80年代当時は

記事を読む

野村宏伸

野村宏伸の現在

1980年代後半に大ヒットしたドラマ『教師びんびん物語』で主演の田原俊彦さんと名コンビを演じた野村宏

記事を読む

ル・クプル

ル・クプル(歌手)の現在

1997年に大ヒットしたテレビドラマ『ひとつ屋根の下2 』の挿入歌『ひだまりの詩』を歌っていた歌手を

記事を読む

AD

AD

  
高橋かおり
高橋かおりの現在

1980年代〜90年代に子役として映画やドラマで活躍した高橋かおりさん

高知東生
高知東生の現在

1990年代後半~2000年代にかけて数多くの映画・ドラマに出演し、男

新田純一
新田純一の現在

1980年代初めにアイドルとして「レッツゴーヤング」等の歌番組で活躍後

池上季実子
池上季実子の現在

1970年代にドラマ版「愛と誠」のヒロイン役で注目されて以降、大人の色

青木さやか
青木さやかの現在

2000年代の前半に、「どこ見てんのよ!」のフレーズでお笑い界で一躍花

→もっと見る

  
  • 芸能人 昔の顔 情報局
PAGE TOP ↑