加藤晴彦の現在

公開日: : 男優, 男性タレント, 男性歌手

1990~2000年代初めにかけ、数々のドラマや映画に出演され、「どうぶつ奇想天外!」や「あいのり」等のバラエティー番組で、その爽やかなルックスで人気を博した加藤晴彦さん。
最近テレビで見かけませんが、いったいどうされているのでしょうか。
加藤晴彦さんの現在を調べてみました。

加藤晴彦

芸能界との最初の関わりは1989年に、NHKテレビドラマ「中学生日記」に生徒役で出演された事でした。その後、同じNHKドラマ「前畑がんばれ」(1991年)にも、清水美沙さんの息子役として出演をされます。

しかし、加藤晴彦さんの名が知られるきっかけとなったのは、1993年に第6回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で審査員特別賞を受賞された時からでした。
その翌年に、テレビドラマ「アリよさらば」(1994年、TBS)で、矢沢永吉さん演じる高校教師が受け持つクラスの生徒役で出演した事を機に本格的に芸能界入りをされます。
1995年、NHK連続テレビ小説「走らんか!」では主人公・前田汐の友人役でレギュラー出演、翌年1996年に「アルペン」のCMにも出演された事により、瞬く間に彼の名が知られていきました。

加藤晴彦

以降は、テレビドラマ「神様、もう少しだけ」(1998年、フジテレビ)や映画「アナザヘヴン」(2000年)等、数多くの映画やドラマ、またCMにも出演されました。
更には、バラエティー番組にも活躍の場を広げられ、「どうぶつ奇想天外!」(1996~2007年、TBS)、「あいのり」(1999~2006、フジテレビ)等といった人気番組でレギュラーや司会進行を務め、視聴者の人気を獲得していきました。
そして、2000年劇場公開作品「月」では、「エランドール賞」新人賞を受賞されました。
またそれまでは、二枚目ながら準主役や脇役が多かった加藤さんですが、2001年劇場公開作「回路」で初の主演を果たされます。そして同年にテレビ放送された「早乙女タイフーン」(2001年、テレビ朝日)では、ドラマ初主演を果たされました。以降、彼に主役級のオファーも来る様になりました。

加藤晴彦

現在
2014年7月に名古屋のテレビ局に勤める一般女性と2年の交際を得てご結婚され、その約2年後の2016年に「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ、5月6日放送)で長女が生まれた事を報告されました。

所属事務所は幾つか変えられつつも(2009年から、「ロングブリッジ」⇒「アミューズ」⇒現・「プラチナムプロダクション」に所属)俳優・タレント業は続けられています。最近は、テレビドラマ「アイアングランマ」「同作2」(2015・2018年、BSプレミアム)や「小さな巨人」(2017年、TBS)でも顔を出しておられます。

加藤晴彦

バラエティー面では自身が名古屋市出身である事を誇りに思っているが故、「秘密のケンミンショー」(日本テレビ)でゲスト出演され(2011年4月28日放送)た時に、自身の地元・愛知県についてアピールをされていました(以前に、「名古屋の女性が選ぶ抱かれたい男No.1」にも選ばれた事もあります)。
また最近では、「ナカイの窓」(日本テレビ、2017年6月21日放送)で、「泣かせの窓」(涙もろい芸能人を『ウソの企画』で呼び出して、制限時間内に話術だけで泣かす事ができるか?という企画)のターゲットの1人に選ばれてのゲスト出演をされていました。
他にも地元・名古屋のテレビ番組「SPORTS STADIUM FINE」(2013~2015年、中京テレビ)では司会を務める等の活動をされ自身の故郷でもあり、ご家族がいらっしゃる名古屋と東京を行き来する日々が続いている様です。

加藤晴彦

加藤さんのプロフィールを見てますと、1990~2000年代が何だかあっと言う間に過ぎちゃった様な気がしましたね…。それだけ、テレビや映画が充実していた時代だったのかもしれませんね。
今度は年齢を重ねられ、若い時とはまた違った味のある加藤晴彦さんを、お目にかかれるかもしれませんね。

加藤晴彦さんオフィシャルウェブサイト

AD

関連記事

黒田アーサー

黒田アーサーの現在

1990年代、その特徴的な名前と甘いマスクが注目され、俳優やタレントとして活躍した黒田アーサーさん。

記事を読む

坂口憲二

坂口憲二の現在

テレビドラマ「医龍」シリーズをはじめとする人気作品へ出演され、人気イケメン俳優として2000年代を駆

記事を読む

大江千里

大江千里の現在

1991年に23枚目のシングル曲『格好悪いふられ方』がオリコンチャートで2位を獲得して大ヒットさせた

記事を読む

伊崎充則

子役 伊嵜充則(伊崎充則)の現在

長渕剛と安田成美が出ていた、1987年のドラマ『親子ジグザグ』を覚えてますか? そのドラマに出てい

記事を読む

木村一八

木村一八の現在

漫才師・横山やすしさんの長男として生まれ、テレビドラマの『毎度おさわがせします』などに出演され、歌手

記事を読む

嶋大輔の現在

1981年にロックバンド『横浜銀蝿』の「弟分」として芸能界入りし、代表曲「男の勲章」が大ヒットし、俳

記事を読む

金八先生の加藤役、直江 喜一

金八先生の加藤役 「直江 喜一」の現在

直江喜一さんは、『3年B組金八先生』のシリーズ代表作パート2(1980年)に不良の加藤役で出ていまし

記事を読む

沢向要士

沢向要士の現在

『夕やけニャンニャン』によるオーディションで結成された、おニャン子クラブの男性版グループ「息っ子クラ

記事を読む

野村宏伸

野村宏伸の現在

1980年代後半に大ヒットしたドラマ『教師びんびん物語』で主演の田原俊彦さんと名コンビを演じた野村宏

記事を読む

島崎俊郎

島崎俊郎の現在

1970年代後半から、漫才トリオ「ヒップアップ」のメンバーとして芸能界デビューし、バラエティー番組や

記事を読む

AD

AD

  
時任三郎
時任三郎の現在

大ヒットドラマ「ふぞろいの林檎たち」で注目を浴び、1980~1990年

伊東美咲
伊東美咲の現在

2000年代前半に女優として活躍し鮮烈な印象を残した伊東美咲さん。綺麗

小保方さん
小保方さんの現在

2014年に『STAP細胞』の発表で“リケジョの星”として注目を浴びる

欧陽菲菲
欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー)の現在

1970年代中盤から1980年代にかけてヒット曲を連発し、ブレイクを果

島崎俊郎
島崎俊郎の現在

1970年代後半から、漫才トリオ「ヒップアップ」のメンバーとして芸能界

→もっと見る

  
  • 芸能人 昔の顔 情報局
  • 広告募集
PAGE TOP ↑