KAN(シンガーソングライター)の現在

公開日: : 男性歌手

1990年代前半に名曲「愛は勝つ」が大ブレイクし、「NHK紅白歌合戦」にも出場されたシンガーソングライターのKANさん。
最近はテレビで見かけませんが、いったいどうされているのでしょうか。
KANさんの現在を調べてみました。

kan

KANさんは1962年9月24日、福岡市生まれ。本名:木村 和〈きむら かん〉。
幼稚園時代からピアノを習い始め、当時は実家が団地にも関わらず、ピアノが2台も設置されていた事から、親の息子への期待(音大進学)が高かった様に思われます。しかし中学進学後は、2年生の秋に『受験勉強』という事で長年レッスンを受けたクラシックピアノを辞めてしまいます。そして独学で始めたギターを用いて、ビートルズのコピーバンドを3年生の時に披露され、称賛を受けます。更に、高校時代にはアメリカの歌手ビリー・ジョエルの曲(LPアルバム「ニューヨーク52番街」)によって、ピアノロックに目覚めます。
1981年、法政大学社会学部へ入学されますが、(ピアノを買う為に)大学には殆ど行かずにアルバイトに明け暮れる日々が続きます(結局、大学を留年してしまいます)。

kan

KANさんが頭角を現し始めたのは、1984年のヤマハ主催『East West ’84』決戦大会で優秀賞、及び集英社ヤングジャンプ主催『Sound Contest ’84』にてヤングジャンプ奨励賞を受賞された時でした。
芸能事務所「ライトリンクスコーポレーション」(当時)と契約された1986年に早速、映画「日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群」(大林宣彦監督)の音楽担当という重要な仕事を、翌年1987年にシングル&アルバム(同タイトルとして)『テレビの中に』でレコードデビューを飾られます。1990年7月に発表されたアルバム『野球選手が夢だった。』の中の1曲『愛は勝つ』が、クイズ番組「クイズおもしろTV」(1990年・テレビ朝日)のエンディングテーマに起用されますが、この時はそれほど大きな話題にはなりませんでした。

kan

しかし翌年1991年、当時の人気バラエティー番組「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」(1989~1992年・フジテレビ)のオープニングテーマに使われた事により人気は急上昇し、発売されたシングルは200万枚を超える大ヒットとなりました。また、この曲により第33回日本レコード大賞(ポップス・ロック部門)を受賞され、第42回NHK紅白歌合戦にも出場されます。また、KANさん作曲・山田邦子さん作詞のもとで発表された「邦ちゃんのやまだ~」の番組ユニット『やまだかつてないWink』のシングル「さよならだけどさよならじゃない」もヒットし、この頃の卒業シーズンの定番ソングとなりました。ヒット曲は海外にも伝播し、1996年11月に中国・広州で開催された『広東国際広播音楽博覧会』では、「愛は勝つ」を中国語で披露されました。
音楽活動の中で素敵な出会いもあり、1999年4月にバイオリニスト・早稲田桜子さんとご結婚されます(お二人はその2年前の1997年に共演されたコンサートツアーからのご縁でした)。

早稲田桜子

早稲田桜子さん

【KANさんの現在】

『フランス人になりたい』という夢を叶える為に、2002年に活動の拠点をフランス・パリへ移されます。
そして同年、クラシックピアノを学び直そうと「エコールノルマル音楽院」へ中途入学され、2003年6月に修了後、2004年7月に帰国されます。

2005年から再び日本での活動を始められ、弾き語りソロツアー『弾き語りばったり#1』を敢行されました。翌年2006年の2月には4年ぶりのシングル「カレーライス」、8月には5年振りのアルバム「遥かなるまわり道の向こうで」を発表されます。そして、2010年3月に発表されたアルバム「カンチガイもハナハダしい私の人生」の中の作品『予定どおりに偶然に(with ASKA)』では、自身が尊敬するアーティスト・ASKAとのコラボレーションが実現しました。

kan

国外にも活動の幅を広げられ、2006年5月には中国・上海にてライブが、2011年11月にはロシア・モスクワで開催された『J-FEST 2011』(日本の現代文化フェスティバル)に出演されました。
音楽活動の傍ら、三谷幸喜監督の映画「ステキな金縛り」(2011年)&スピンオフドラマ「ステキな隠し撮り 〜完全無欠のコンシェルジュ〜」(2011年・フジテレビ)では役者として出演されました。

最近の音楽活動も順調で、2016年2月にはアルバム「6×9=53」(DVD付)、2018年10月にはセルフカバーアルバム「la RiSCOPERTA」が発表されました。
ライブも精力的に行われており、2018年11月~2019年1月にかけ、大阪・名古屋・広島・福岡・東京にて自身のライブが行われました。他にも馬場俊英さんや杉山清貴さんのライブにゲストとして出演されました。更に今年2019年3月には、札幌の「Zepp Sapporo」にて、開催される『STVラジオ LIVEくれよん2019』に多くのアーティストの方々とご出演される予定です。
主な活動は、オフィシャルサイトや昨年10月に開設されました自身のツイッターにて、確認する事ができます。まだまだ留まる事を知らず、これからのご活躍が楽しみなKANさんです!

kan

KANさんオフィシャルサイト

KANさんツイッター

AD

関連記事

関口誠人

関口誠人(CCB)の現在

1980年代に活躍したバンド『C-C-B』を皆さん覚えてますか? そのバンドの中心メンバーで、一番

記事を読む

長江健次

長江健次(元イモ欽トリオ)の現在

今回は、1980年代前半に人気バラエティー番組『欽ドン!良い子悪い子普通の子』に出演していた長江健次

記事を読む

中村繫之

中村繁之の現在

今回は、あの「光GENJI」の大沢樹生さんや内海光司さん達と、ジャニーズの“同士“としてステージやテ

記事を読む

加藤晴彦

加藤晴彦の現在

1990~2000年代初めにかけ、数々のドラマや映画に出演され、「どうぶつ奇想天外!」や「あいのり」

記事を読む

黒田アーサー

黒田アーサーの現在

1990年代、その特徴的な名前と甘いマスクが注目され、俳優やタレントとして活躍した黒田アーサーさん。

記事を読む

前田耕陽

前田耕陽の現在

1980年代にジャニーズ事務所からデビューした初のロックバンド「男闘呼組」(おとこぐみ)。 当時は

記事を読む

沢向要士

沢向要士の現在

『夕やけニャンニャン』によるオーディションで結成された、おニャン子クラブの男性版グループ「息っ子クラ

記事を読む

ひかる一平

ひかる一平の現在

1980年代前半に、テレビドラマ「3年B組金八先生」に出演し、その後、アイドル歌手としても活躍した「

記事を読む

カルロストシキ

カルロス・トシキの現在

「1986オメガトライブ」、「カルロス・トシキ&オメガトライブ」(1988年)の元リードボーカルです

記事を読む

新田純一

新田純一の現在

1980年代初めにアイドルとして「レッツゴーヤング」等の歌番組で活躍後、俳優、更には格闘家として多彩

記事を読む

AD

AD

  
佐藤かよ
佐藤かよの現在

2010年頃からモデルとして、その後はバラエティー番組などで活躍した佐

ビッグダディ
ビッグダディの現在

2007年~2013年まで放送されたドキュメンタリー企画の人気番組『痛

田村正和
田村正和の現在

1960年代から2018年までダンディー俳優として一時代を築いた田村正

定岡正二
定岡正二の現在

1970年代から1980年代中盤まで巨人の若手エースとして活躍し、19

高橋かおり
高橋かおりの現在

1980年代〜90年代に子役として映画やドラマで活躍した高橋かおりさん

→もっと見る

  
  • 芸能人 昔の顔 情報局
PAGE TOP ↑