石川秀美の現在

公開日: : 女性タレント, 女性歌手

『花の82年組』としてデビュー後、アイドル全盛期の中で活躍された石川秀美さん。周知のように、元・シブがき隊の「ヤックン」こと薬丸裕英さんの奥さまですが、最近は芸能活動されているのでしょうか。
石川秀美さんの現在を調べてみました。

石川秀美

石川秀美さんは、1966年7月13日生まれ、千葉県木更津市ご出身。
1981年、芸能事務所「芸映プロ」所属スターの西城秀樹さんの名を用いた「HIDEKIの弟・妹募集オーディション」が開催され、当時中学3年生だった石川さんがそれに応募されます。そして、12月に開催された決戦大会にて、応募総数55,460名の中から見事選ばれます。

1982年4月にシングル「妖精時代」で歌手デビューされ、様々な音楽祭で新人賞を受賞されます。この時期は、シブがき隊、堀ちえみさん、松本伊代さん、早見優さん、中森明菜さんといった多くの方々が華々しくデビューをされ、『花の82年組』と呼ばれました。

石川秀美

その後、「Hey! ミスター・ポリスマン」(1983年3月21日発売)や「ミステリーウーマン」(1984年10月24日発売)等、次々とヒット曲を飛ばし、「ザ・ベストテン」(TBS)等の人気歌番組にご出演されました。また、1985年、16枚目のシングル「愛の呪文」(9月18日発売)でその年の「第36回NHK紅白歌合戦」のトップバッターを飾られました。

石川秀美

80年代後半に入ると、音楽以外に「ベイシティ刑事」(1987~1988年・テレビ朝日)等のテレビドラマや、「ドリフ大爆笑」や「志村けんのバカ殿様」等のコント番組の出演も増えていきました。
1989年の暮れに、元・シブがき隊メンバーの薬丸裕英さんとの交際が報道され話題となり、その翌年1990年6月に結婚、及び石川さんが妊娠8か月である事を発表されました。これを機に事実上の芸能界引退となられました。なお、秋篠宮文仁親王様と文仁親王妃紀子様の結婚特番『紀子さま御結婚スペシャル』(1990年6月29日放送・フジテレビ)で、番組内のアニメの文仁親王妃紀子様役を石川さんが演じられたのが、この時の最後の芸能活動と考えられます。

石川秀美

【石川秀美さんの現在】

引退後は、メディアに殆どその姿を出す事はありませんでしたが、最近になりCM等で久々に表舞台に顔を見せる様になられました。
2010年に放送された、資生堂のCMでは伊藤つかささん、荻野目洋子さん、河合その子さんら、80年代に人気を博した女性アイドルの方々と共演をされました。

資生堂CM

また、「イオン」(2011年)や「ほけんの窓口」(2012年)等の大手企業の作品へ、薬丸裕英さんと共に夫婦揃ってのCM出演をされる事も度々見られました。
2015年、(結婚当初は入籍のみだった為)結婚25年目にしてハワイで、家族に囲まれ結婚式を行われ「妻はとても綺麗でした」と夫・薬丸裕英さんからの幸せそうなメッセージが寄せられました。

石川秀美

2018年5月16日、石川さんのかつての所属事務所の先輩であり、芸能界入りのきっかけを作ってくれた西城秀樹さんが亡くなられました。翌日17日、情報番組「バイキング」の生放送の出演中の薬丸さんが、西城さんの訃報のニュースを聞き、相当のショックを受けられたそうです。1週間後の24日の同番組において、薬丸さんは妻・秀美さんについて「(西城さんの訃報を聞き)落ち込みが酷く、不安定な精神状態が続いている」とコメントされました。
また、5月26日の西城さんの告別式では、薬丸さん夫婦揃って参列されましたが、報道陣に対して秀美さんは無言で立ち去り、薬丸さんが「(秀美さんが)心中を話せる状況ではない」と会見に応じられました。秀美さんにとって、西城秀樹さんがいかに心の支えであったかという事が分かります。

石川秀美

薬丸さんとの間には3男2女がおられるそうです。
長男の薬丸翔さん(1990年生まれ)は俳優として活動。

薬丸翔

長男の薬丸翔さん

次男の隼人さんはサッカー選手としてヨーロッパで活動。
3男も13歳から海外留学し、2018年からはアメリカの大学に留学中。
長女はREMIの芸名でタレントとして活動。
次女もハワイにて生活。

remi

長女のREMIさん

近況が薬丸さんのブログで、掲載されています。薬丸さんが日本とハワイを行き来される一方、秀美さんやご家族は現在ハワイへ移住されておられます。

薬丸裕英さんオフィシャルブログ

AD

関連記事

石井明美

石井明美の現在

1986年にテレビドラマ『男女7人夏物語』の主題歌『CHA-CHA-CHA』でデビューして大ヒットさ

記事を読む

つみきみほ

つみきみほの現在

1980年代後半〜1990年代前半に活躍した女優のつみきみほさん。 ショートヘアに元気が良いキャラ

記事を読む

ピンクの電話

「ピンクの電話」の現在

1980〜1990年代に、存在感抜群の『凸凹コンビ』として、数多くのバラエティー番組で活躍された女性

記事を読む

桜井幸子

桜井幸子の現在

1990年代、テレビドラマ「高校教師」や「未成年」等、野島伸司脚本作品に多数ご出演された桜井幸子さん

記事を読む

古手川祐子の現在

演技派女優として多くの映画やドラマにご出演され、CMやテレビ番組の司会でも人気を集められた、古手川祐

記事を読む

ダンプ松本

ダンプ松本の現在

かつてバラエティー番組によく出ていた女子プロレスラーの悪役「ダンプ松本」さん。悪役にもかかわらず、本

記事を読む

斉藤ゆう子

斉藤ゆう子の現在

1980年代に活躍した「元祖バラエティーアイドル」、「元祖メガネタレント」の斉藤ゆう子さんを覚えてい

記事を読む

ユンソナ

ユンソナの現在

社会現象となった『韓流ブーム』の先駆け的存在として、2000年代の初めにドラマ・バラエティー・音楽活

記事を読む

高橋かおり

高橋かおりの現在

1980年代〜90年代に子役として映画やドラマで活躍した高橋かおりさん。子役時代から高い演技力で注目

記事を読む

河合奈保子

河合奈保子の現在

往年のアイドル河合奈保子さん。 松田聖子さんや田原俊彦さんらと共に80年代アイドルブームを築き上げ

記事を読む

AD

AD

  
時任三郎
時任三郎の現在

大ヒットドラマ「ふぞろいの林檎たち」で注目を浴び、1980~1990年

伊東美咲
伊東美咲の現在

2000年代前半に女優として活躍し鮮烈な印象を残した伊東美咲さん。綺麗

小保方さん
小保方さんの現在

2014年に『STAP細胞』の発表で“リケジョの星”として注目を浴びる

欧陽菲菲
欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー)の現在

1970年代中盤から1980年代にかけてヒット曲を連発し、ブレイクを果

島崎俊郎
島崎俊郎の現在

1970年代後半から、漫才トリオ「ヒップアップ」のメンバーとして芸能界

→もっと見る

  
  • 芸能人 昔の顔 情報局
  • 広告募集
PAGE TOP ↑