氷室京介の現在

公開日: : 男性歌手

現在も語り継がれている伝説的バンド『BOØWY』のボーカリストとして活躍後、ソロとしても長年にわたり日本のロック界を支え続けてきた氷室京介さん。
最近はどうされているのでしょうか。
氷室京介さんの現在を調べてみました。

氷室京介

氷室京介さんは、1960年10月7日、群馬県高崎市ご出身です。1980年にロックバンド「スピニッヂ・パワー」のボーカルとしてプロデビュー(当時は『寺西修一』名義)したものの、思い通りにならない事が多く脱退されます(バンドも後に解散)。その後、ギターリストの布袋寅泰さんにバンド結成の話を持ちかけ、新たなバンド制作に取り掛かります。更に松井恒松さん・高橋まことさん・深沢和明さん諸星アツシさんが加入しバンド名を『暴威』と命名、1981年5月11日に新宿ロフト(新宿区歌舞伎町)でデビューライブ『暴威LOFT FIRST LIVE』を行いました。
翌1982年 にはバンド名を『BOØWY』(『氷室狂介』名義)に改名、同年3月にはアルバム「MORAL」を発表されます(1984年には『氷室京介』へと名義変更されます)。

BOOWY

間もなくメンバーの深沢和明さんと諸星アツシさんが脱退しバンドは4人となるも、以降数年にわたりヒット曲をたたき上げ、シングル「Marionette」(1987年7月リリース)はオリコン週間1位、5枚目アルバム「BEAT EMOTION」(1986年11月リリース)&6枚目アルバム「PSYCHOPATH」(1987年9月)はミリオンセラーを記録、人気の絶頂を極めました。
その矢先の1987年12月24日、突然の『解散』を宣言し、多くのファンに衝撃を与えます。9万枚以上用意されていた、ラストライブのチケットは僅か10分で完売、(当時はインターネットが無かった事もあり)予約の電話が殺到した結果、東京都文京区の電話回線がパンクする事態も発生しました。
そんな事もありながら、1988年4月4・5日に東京ドームで『LAST GIGS』が行われ、バンド活動に終止符が打たれました(翌月5月にリリースされたライブ・アルバム『“LAST GIGS”』は、150万枚のセールスを記録しました)。

BOOWY

『BOØWY』解散から間もない1988年7月にシングル「ANGEL」でソロデビューされ、同年末には『第30回日本レコード大賞』で『アルバム大賞(ファーストソロアルバム「Flowers for Algernon」)』及び『金賞(シングル「ANGEL」)』を受賞されました。以降も、ソロとして初のミリオンセラーを記録した大ヒット曲「KISS ME」(1992年12月リリース)に代表される数々の代表曲を発表される一方、チャリティー活動も精力的に行われます。1995年3月には『阪神・淡路大震災チャリティーコンサート』に出演、この際には久々に布袋寅泰さんとも共演されました。
そして2000年12月31日には『KYOSUKE HIMURO TOUR 2000″BEAT HAZE ODYSSEY”』のファイナル公演では初となる“カウントダウンライブ”が開催されました。

氷室京介

【氷室京介の現在】

2000年代に入っても快進撃は続きます。
2004年 8月に開催された『KYOSUKE HIMURO “21st Century Boowys VS HIMURO”』では、解散後に長らく封印していた『BOØWY』の曲をソロの曲と共に披露されました。
また他のミュージシャンとの合同活動も行われ、2006年8月にロックバンド『GLAY』とのコラボレーション・シングル「ANSWER」がリリースされます。更に同月には『GLAY』との共演ライブ『KYOSUKE HIMURO+GLAY 2006 at AJINOMOTO-STADIUM “SWING ADDICTION”』(味の素スタジアム)が開催されました。
2011年(平成23年)6月11・12日(日)には東京ドームにて、東日本大震災の復興支援を目的とするチャリティー公演『KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME“We Are Down But Never Give Up!!”』が開催、同年12月にも幕張メッセイベントホールにて『KYOSUKE HIMURO SPECIAL GIGS THE BORDERLESS FROM BOØWY TO HIMURO”』が行われました。

氷室京介

2013年にはソロ活動25周年を迎えるも、この年の3月にある事件に巻き込まれます。
氷室京介さんの群馬県にある実家を含む3棟が全半焼する事件が発生します。後日、放火したという37歳の女性が高崎署に出頭し、現住建造物等放火容疑で逮捕されます(犯人は“熱狂的な『BOØWY』及び氷室京介さんの熱狂的なファンだった事が分かり、元メンバーの布袋寅泰さんと高橋まことさんのもとにも犯人から何度もツイートがあったとの事です)。

2014年7月に山口県の周南市文化会館、及び横浜スタジアムでのライブにて“氷室京介を卒業する”という電撃発表をします。卒業の理由は“耳の不調”と明かされ、この7年前よりある一定のトーンが聞こえにくくなり、それでも利き耳の左耳に頼っていたものの、左耳さえもダメージを受けてきたとの事です。そして2015年12月、翌2016年春に開催するファイナルコンサートを『LAST GIGS』と題しました。

氷室京介

2016年4月、『BOØWY』~ソロまでのオールキャリア・ベストアルバム「L’EPILOGUE」が発売、オリコン週間アルバムチャート首位獲得を果たします。同月には、前年に発表したファイナルコンサート『KYOSUKE HIMURO LAST GIGS』が開幕、大阪・名古屋・福岡と行われ、5月21~23日の東京ドーム公演をもって終了しました。翌2017年3月には『KYOSUKE HIMURO LAST GIGS』の模様を収めた映像作品が発売、初週でDVD2.6万枚・Blu-ray4.0万枚という売り上げを記録しました。

氷室京介

ファイナルコンサート後、現在は公の場に出る事は少ないですが、現在も氷室京介さんの復帰を願う声もある様です。昨年2019年7月には、“一日限定”で初公開シーンを含むライヴ映像「REVOLVER ENCORE“BEAT REACTOR 2019”」が参加型上映として全国の映画館91館で公開されました。
また最近は、2019年12月に女優の桃井かおりさんがインスタグラムを更新し、米大リーグ・ドジャースの前田健太投手と御家族の方、氷室京介さんと共に食事を楽しまれた様子をご報告されました。
これに対し、“桃井さん、氷室さんの姿が見られて嬉しいです”とか“氷室さんだ、嬉しすぎる!”といった反響が寄せられました。

氷室京介

AD

関連記事

岡田浩暉

岡田浩暉の現在

1990年代に俳優として『もしも願いが叶うなら』、『愛していると言ってくれ』、『年ナースのお仕事』等

記事を読む

うじきつよし

うじきつよしの現在

1990年代以降、様々なドラマや映画に役者として、またバラエティー番組や情報番組などに出演し、マルチ

記事を読む

ル・クプル

ル・クプル(歌手)の現在

1997年に大ヒットしたテレビドラマ『ひとつ屋根の下2 』の挿入歌『ひだまりの詩』を歌っていた歌手を

記事を読む

wands

WANDSの現在

1990年代に中山美穂さんとのコラボレーションで「NHK紅白歌合戦」にも出場し、その後は続々とヒット

記事を読む

竹本孝之

竹本孝之の現在

1980年代に甘いマスクでアイドル、俳優として一世を風靡した竹本孝之さん。 最近テレビで見かけませ

記事を読む

大江千里

大江千里の現在

1991年に23枚目のシングル曲『格好悪いふられ方』がオリコンチャートで2位を獲得して大ヒットさせた

記事を読む

楠瀬誠志郎

楠瀬誠志郎の現在

1990年代初めに大ヒットとなったテレビドラマの主題歌「ほっとけないよ」を歌っていたシンガーソングラ

記事を読む

加藤晴彦

加藤晴彦の現在

1990~2000年代初めにかけ、数々のドラマや映画に出演され、「どうぶつ奇想天外!」や「あいのり」

記事を読む

池田政典

池田政典の現在

1980年代後半に活躍した男性歌手の池田政典さんを覚えていますか? CMソングやアニメソングなどを

記事を読む

吉田栄作の現在

1990年代初めに織田裕二さん、加勢大周さんらとトレンディードラマ全盛期にブレイクし、俳優・歌手と幅

記事を読む

AD

AD

  
八反安未果
八反安未果の現在

1990年代終盤にすい星のごとく現れ、代表曲「SHOOTING STA

深津絵里
深津絵里の現在

大ヒットドラマ「踊る大捜査線」でブレイクして以降、多くの映画・ドラマで

ボブ・サップ
ボブ・サップの現在

インパクトのある風貌と圧倒的な怪力で観客を魅了し、テレビ界にも進出し多

喜多嶋舞
喜多嶋舞の現在

1990年代中期~2000年代にかけて演技派女優として注目された喜多嶋

氷室京介
氷室京介の現在

現在も語り継がれている伝説的バンド『BOØWY』のボーカリストとして活

→もっと見る

  
  • 芸能人 昔の顔 情報局
  • 広告募集
PAGE TOP ↑