ひかる一平の現在

公開日: : 男優, 男性タレント, 男性歌手

1980年代前半に、テレビドラマ「3年B組金八先生」に出演し、その後、アイドル歌手としても活躍した「ひかる一平」さん。
最近テレビで見かけませんが、いったいどうされているのでしょうか。
ひかる一平さんの現在を調べてみました。

ひかる一平

ひかる一平さんは、1964年5月11日生まれ、東京都大田区ご出身です。
芸能界入りのきっかけは、実姉がジャニーズ事務所へ履歴書を送った事でした。ジャニー喜多川社長の姉・メリー喜多川氏より、現在の芸名である『ひかる一平』を命名されます。

高校1年時の1980年に、人気学園ドラマ「3年B組金八先生(第2シリーズ)」(1980~1981年・TBS)で俳優デビューをされます。普段は無口ながら、(直江喜一さん演じる)このシリーズの中心的生徒だった加藤優に『僕、加藤君が好きだ』と発した男子生徒・椎野一を演じられ、話題となります。

ひかる一平

その翌年にはシングル「青空オンリー・ユー」(1981年5月発売)で歌手デビューをされたうえ、『第8回FNS歌謡祭』最優秀新人賞候補にノミネートされました。

ひかる一平

ひかる一平

更にひかる一平さんの名が世間に知れ渡ったのが、18歳からご出演された大ヒット時代劇「必殺」シリーズで「必殺仕事人III」~「必殺仕事人V・旋風編」(1982~1987年・テレビ朝日)まで人気絶頂の時期にご出演されました。初出演当時、『受験生』兼“史上最年少仕事人”(後に仕事人のサポート役に回る)という役柄で、お茶の間の人気を博します。
デビューしてからアイドル時代の2年程は、自分の財布を持ち歩いた事もないくらい、必要な物は常にマネージャーに任せており、自分専用の移動車がある状態だったとの事です。
それが「必殺」シリーズに出演するにあたり、撮影現場で自身の実力の無さを痛感されたそうです。
それ以降は“マネージャー無し”で現場へ入る様になり、演技及び社会人としての行いも、一からされたとの事です。その後も、“竹筒バズーカ砲”を使用する『歯科医』の仕事人という奇想天外な役柄を演じられ、厚みのある役者として大きく羽ばたいていかれました。
「必殺」シリーズ卒業後も、テレビドラマ「はぐれ刑事純情派」(テレビ朝日)や「水戸黄門」(TBS)、「火曜サスペンス劇場」「土曜ワイド劇場」に代表される2時間ドラマ等、数多くの作品へご出偏されました。

必殺仕事人

【ひかる一平さんの現在】

2000年代に入っても、「はみだし刑事情熱系PART5」(2000年・テレビ朝日)や「相棒 Season 6」(2008年・テレビ朝日)のゲスト出演等、俳優活動を続けられますが、その傍ら、次世代の育成にも力を入れられます。
2003年から子供タレントの養成をするプロダクション講師を9年間務められました。
2012年には独立をされ、自らの子役プロダクションである『株式会社スカイアイ・プロデュース』を設立され、代表取締役となられます。そして、新人俳優の育成に取り組まれ、“自分が芸能界で見てきた以上の景色を、所属されている方々に見せてあげたい”との事です。また昨年2018年4月からは、東邦音楽大学のパフォーマンス総合芸術文化専攻講師としても活躍されています。

ひかる一平

その間、芸能界入りの礎でもある学園ドラマ「3年B組金八先生」に関係する活動にも携わられました。2002年に出版された書籍「3年B組金八先生PERFECT BOOK―みんなで歩いたまっすぐな道」(学習研究社)の中の1コーナー『歴代出演者スペシャル座談会』(同じ“卒業生”である大川明子さん・伊藤つかささんと対談する内容)が収められました。
そして、2004年9月に放送されました特別番組「3年B組金八先生25周年記念大同窓会スペシャル!!」(TBS)に続き、シリーズ最終作「3年B組金八先生ファイナル『最後の贈る言葉』(2011年・TBS)に出演され、“恩師”の“有終の美”を見届けられました。
他にも、トーク番組「水道橋博士の80年代伝説」(2012年・歌謡ポップスチャンネル)にも出演され、ゆかりのある1980年代について語られました。

ひかる一平

AD

関連記事

緒形直人

緒形直人の現在

1990年代に数々のTVドラマや映画で主演を務め、日本アカデミー賞新人俳優賞や日本アカデミー賞優秀主

記事を読む

伊崎充則

子役 伊嵜充則(伊崎充則)の現在

長渕剛と安田成美が出ていた、1987年のドラマ『親子ジグザグ』を覚えてますか? そのドラマに出てい

記事を読む

ケントデリカットの現在

以前、ビートたけしの番組によく出ていたケントデリカットさん。 最近全然見かけませんが、今何をしてい

記事を読む

加勢大周

加勢大周の現在

1990年代にトレンディー俳優として活躍した加勢大周さん。 桑田佳祐さん初監督の映画『稲村ジェーン

記事を読む

せんだみつお

せんだみつおの現在

1970年代に人気テレビ番組『ぎんざNOW!』や『うわさのチャンネル』の司会者として人気を博し、全盛

記事を読む

風間トオル

風間トオルの現在

かつて雑誌モデルとして人気を博し、その後、トレンディドラマの俳優として活躍した風間トオルさん。 最

記事を読む

kan

KAN(シンガーソングライター)の現在

1990年代前半に名曲「愛は勝つ」が大ブレイクし、「NHK紅白歌合戦」にも出場されたシンガーソングラ

記事を読む

チューヤン

チューヤンの現在

バラエティ番組 『進ぬ!電波少年』は、当時楽しく見ていました。 その企画で伊藤高史と共にアフリカ・

記事を読む

T-BOLAN

T-BOLANの現在

1990年代前半に「離したくはない」や「Bye For Now」等のヒットナンバーを発表されたロック

記事を読む

チャック・ウィルソン

チャック・ウィルソンの現在

1980年代に外国人タレントの先駆けとして『世界まるごとHOWマッチ』などのバラエティー番組で活躍し

記事を読む

AD

AD

  
高知東生
高知東生の現在

1990年代後半~2000年代にかけて数多くの映画・ドラマに出演し、男

新田純一
新田純一の現在

1980年代初めにアイドルとして「レッツゴーヤング」等の歌番組で活躍後

池上季実子
池上季実子の現在

1970年代にドラマ版「愛と誠」のヒロイン役で注目されて以降、大人の色

青木さやか
青木さやかの現在

2000年代の前半に、「どこ見てんのよ!」のフレーズでお笑い界で一躍花

清水圭
清水圭の現在

1980年代に、関西若手お笑い界の人気を「ダウンタウン」と二分したお笑

→もっと見る

  
  • 芸能人 昔の顔 情報局
PAGE TOP ↑