チャック・ウィルソンの現在

公開日: : 最終更新日:2019/02/15 男性タレント

1980年代に外国人タレントの先駆けとして『世界まるごとHOWマッチ』などのバラエティー番組で活躍したチャック・ウィルソンさん。
最近テレビで見かけませんが、今はどうされているのでしょうか。
チャック・ウィルソンさんの現在を調べてみました。

チャック・ウィルソン

同じ頃によくテレビに出ていた外国人タレントのケント・ギルバートさんやケント・デリカットさんは、モルモン教の宣教師として来日していますが、チャック・ウィルソンさんは1970年に同志社大学への柔道留学生として来日されたそうです。

来日前のアメリカでも、レスリングでマサチューセッツ州選手権出場、空軍内の柔道競技において10連勝、柔道全米選手権準優勝など、輝かしい実績を残しています。
来日後の1971年、1973年、1975年には全日本パワーリフティングでオープン参加でチャンピオンとなり、この時のベンチプレス200kgの日本記録は8年間破られなかったそうです。

チャック・ウィルソン

トレーニング・バイブル
(1985年刊)

1980年代には上記の『世界まるごとHOWマッチ』で一気に全国的な知名度が上がり、その後も肉体系バラエティー番組の『風雲!たけし城』や『オールスター感謝祭』の相撲対決、単発のサスペンスやミステリードラマ出演等で活躍されていました。

チャック・ウィルソン

チャック・ウィルソンさんは2015年現在68歳。
現在も日本で活動されています。

チャック・ウィルソン

タレントとしての活動はそれほど多くないようですが、ご自身で「チャックウィルソンエンタープライズ (C.W.E.) 」を経営し、全国のフィットネスセンターの指導をされているようです。
また、快適な生活をするための手段として「健康」があるとの観点から、生活習慣病予防施設の普及に努め、自らも健康カウンセリングセンターを開設されています。

チャック・ウィルソン

チャック・ウィルソン

チャックウィルソンエンタープライズ

チャック・ウィルソンさんのプロフィールページ

芸能人 昔の顔 リンク

AD

関連記事

ケント・ギルバート

ケント・ギルバートの現在

1980年代~1990年代にかけて、日本に住む外国人知識人としてテレビでよく見かけたケント・ギルバー

記事を読む

ちびっこギャング

ちびっこギャング(お笑いコンビ)の現在

1980年代に活躍したお笑いコンビ「ちびっこギャング」を覚えていますか? かつては、「夕やけにゃん

記事を読む

清水宏次朗

清水宏次朗の現在

1980年代中頃、映画「ビー・バップ・ハイスクール」シリーズで仲村トオルさんとのコンビで人気を集め、

記事を読む

LL BROTHERS

LL BROTHERSの現在

1985年〜1996年まで放送していた人気番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』。 その中の人

記事を読む

ウィッキーさん

ウィッキーさんの現在

かつて、日本テレビ「ズームイン!!朝!」の名物コーナー「ワンポイント英会話」に出演していたウィッキー

記事を読む

木村一八

木村一八の現在

漫才師・横山やすしさんの長男として生まれ、テレビドラマの『毎度おさわがせします』などに出演され、歌手

記事を読む

工藤兄弟

工藤兄弟の現在

1992年4月から1994年9月まで2年半、『笑っていいとも!』の8代目いいとも青年隊を務めた工藤兄

記事を読む

フローラン・ダバディ

フローラン・ダバディ(トルシエ通訳)の現在

元サッカー日本代表フィリップ・トルシエ監督の通訳として、流暢な日本語と甘いマスクで話題を呼んだ、フロ

記事を読む

コント山口君と竹田君

コント山口君と竹田君の現在

1980年代に一世を風靡したお笑いコンビにコント山口君と竹田君がいました。 冷静な山口君と汗だくで

記事を読む

前田耕陽

前田耕陽の現在

1980年代にジャニーズ事務所からデビューした初のロックバンド「男闘呼組」(おとこぐみ)。 当時は

記事を読む

AD

AD

  
佐藤かよ
佐藤かよの現在

2010年頃からモデルとして、その後はバラエティー番組などで活躍した佐

ビッグダディ
ビッグダディの現在

2007年~2013年まで放送されたドキュメンタリー企画の人気番組『痛

田村正和
田村正和の現在

1960年代から2018年までダンディー俳優として一時代を築いた田村正

定岡正二
定岡正二の現在

1970年代から1980年代中盤まで巨人の若手エースとして活躍し、19

高橋かおり
高橋かおりの現在

1980年代〜90年代に子役として映画やドラマで活躍した高橋かおりさん

→もっと見る

  
  • 芸能人 昔の顔 情報局
PAGE TOP ↑