アグネス・ラムの現在

公開日: : 最終更新日:2019/03/09 女優, 女性タレント, 女性歌手

1970年代後期~1980年代初頭にかけて、『元祖グラビアアイドル』として日本中の若者を虜にしたアグネス・ラムさん。
日焼けした小麦色の肌、豊かなバスト、愛くるしいルックスは、日本中の男性を夢中にさせました。
そんなアグネス・ラムさんですが、最近はどうされているのでしょうか。
アグネス・ラムさんの現在を調べてみました。

アグネス・ラム

アグネス・ラムさんは1956年5月21日生まれ、アメリカ合衆国・ハワイ州ご出身です。中国人の父とハワイ人の母を持つ中国系アメリカ人で、姓の「ラム」は父の姓である「林(ラム)」という広東語の発音から来ているそうです。地元の高校を卒業後、ハワイロケに訪れていた日本の映像関係者の目に留まり、スカウトを受けます。
そして1975年3月に初来日をすると、グリコ協同乳業『グリコ天然ジュース』の広告、及びファッション誌「non-no」(集英社)のモデルに選抜され、デビューを飾ります。更には、同年11月頃からライオン油脂『エメロンミンキー』や資生堂『アクエア』のCMへ次々と出演され、知名度を上げていかれました。
そして、アグネスさんのルックスとスタイルを撮影したグラビア写真は、当時の若者のハートを鷲掴みにし、たちまち日本中に「『アグネス・ラム』フィーバー」が起きました。
それは、1975年11月に開催された彼女の写真展&サイン会の会場(渋谷・東急百貨店)にファンの方々が入り切れず、隣のビルの屋上にまで詰め掛ける程の人気ぶりでした!
この時代のアイドルは、歌手活動が中心でしたが、アグネスさんはグラビアを主とした活動を行われた故、『元祖グラビアアイドル』と呼ばれています。

アグネス・ラム

その名の通り、翌年1976年には「明星」「週刊プレイボーイ」(集英社)「週刊少年マガジン」(講談社)等の人気雑誌のグラビアページに多数出演された他、「コカ・コーラ」「旭化成」「クラリオン」といった有名企業のCMに出演されました。彼女の人気を示すかの様に、プロモーション映画「太陽の恋人アグネス・ラム」(1976年)が公開されました。
年が明けてもアグネスさんの人気は衰えず、1977年5月に開催された『ひろしまフラワーフェスティバル』にゲストとして出演された際、この時も彼女目当ての観客が殺到し、消防車で彼女が会場を脱出する騒ぎとなりましたが、同イベントは成功し、以降の発展に貢献されました。
また、この年から歌手活動も行われ、「雨あがりのダウンタウン」を含む、シングル・アルバム数枚をリリースされました。

アグネス・ラム

グラビア活動のみならず、テレビ番組にも出演される様になりました。
ドラマ出演や番組開始当初の「ドリフ大爆笑」(1977年頃(出演時)・フジテレビ)にゲストとして出演され、ハワイアンフラダンスを披露される一面がありました。そして、第27回(1976年)&第28回(1977年)NHK紅白歌合戦にも応援ゲストとして参加されました。
1980年代初め頃まで芸能活動を続けられ、1979~1981年まで『大磯ロングビーチキャンペーンガール』を務められました。他にも、ハワイにて英会話の番組の出演や1981年公開の「帰ってきた若大将」へゲスト出演された後、1983年に芸能界を引退されました。

アグネス・ラム

【アグネス・ラムさんの現在】

1986年に高校時代の先輩にあたる方とご結婚され、翌年1987年12月に双子の男児を出産されました。引退後は、メディアにその姿を出す事は殆どありませんでしたが、1990年代初めに「金鳥 タンスにゴン」のCMで久々のテレビ出演をされ、1996年には自身の子供達と共にダイハツ『パイザー』のCMにも出演をされました。

アグネス・ラム

ダイハツ『パイザー』 CM

その後、2000年に放送されたバラエティー特番「あの人は今」(日本テレビ)にもご出演され、グラビアアイドル時代の事について話されました。
現在も、週刊誌や記事等の取材に応じられているそうです。

NEWSポストセブンの記事

アグネスさんが周囲に与えた影響は大きく、長編漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」第3巻では、アグネスさんをモデルとした婦人警官が登場し、後に第5巻にてアグネスさん本人がコメントをされていらっしゃいます。そして、80年代に人気を集めアニメ化もされたコメディー漫画「うる星やつら」の主人公ヒロイン「ラム」は、アグネスさんをモデルとしたと言われています。

アグネスさんの人気から約40年経とうとしていますが、未だに様々な書籍やグッズが販売・発表されています。
◎2008・2010・2012年…グラビア時代のアグネスさんの画像が用いられたパチンコ台(三洋物産)
◎2009~2010年…フィギュア及びジグソーパズル(キューティーズ)
◎2012年9月…未公開写真を含んだ「アグネス・ラム写真集」(マガジンハウス)
◎2017年1月…未発表カットを含んだ「アグネス・ラム写真集 1974」(双葉社)
そして、最近も「アグネス・ラム(8Kリマスター版) 2019年 カレンダー壁掛け」(ハゴロモ)が発売され、多くの方々を魅了し続けています。

アグネス・ラム

AD

関連記事

家田荘子の現在

映画「極道の妻たち」シリーズの原作者でもあり、体当たりで実際の現場での取材を通して、数々の作品を手掛

記事を読む

マルシア

マルシアの現在

日系ブラジル3世の歌手マルシア。 そのマルシアさん、一時は歌手としてではなく、ちょっととぼけた毒舌

記事を読む

桜井幸子

桜井幸子の現在

1990年代、テレビドラマ「高校教師」や「未成年」等、野島伸司脚本作品に多数ご出演された桜井幸子さん

記事を読む

一色紗英

一色紗英の現在

1991年、フジテレビ系ドラマ『学校へ行こう!』でデビュー。その後、5代目リハウスガールに起用され人

記事を読む

かとうれいこ

かとうれいこの現在

今回は、1990年代にグラビアアイドルとして大活躍した、「かとうれいこ」さんです。 巨乳グラビアモ

記事を読む

高部知子

高部知子の現在

1980年代前半に人気バラエティー番組『欽ちゃんのどこまでやるの!?』に出演し、その後、歌手や女優と

記事を読む

布川智子

おニャン子 布川智子の現在

前回の白石麻子に続き、今回もおニャン子クラブのメンバーのその後です。 今回は会員番号33番の布川智

記事を読む

早坂 好恵

早坂好恵の現在

沖縄出身のアイドルとして15歳でデビューし、その後、親しみ深いキャラクターで「笑っていいとも!」など

記事を読む

小林明子

小林明子の現在

1980年代に一世を風靡したテレビドラマ「金曜日の妻たちへIII 恋におちて」(1985年・TBS)

記事を読む

伊藤かずえ

伊藤かずえの現在

伊藤かずえさんといえば、『不良少女とよばれて』(1984年)、『スクール☆ウォーズ』(1984年)、

記事を読む

AD

AD

  
佐藤かよ
佐藤かよの現在

2010年頃からモデルとして、その後はバラエティー番組などで活躍した佐

ビッグダディ
ビッグダディの現在

2007年~2013年まで放送されたドキュメンタリー企画の人気番組『痛

田村正和
田村正和の現在

1960年代から2018年までダンディー俳優として一時代を築いた田村正

定岡正二
定岡正二の現在

1970年代から1980年代中盤まで巨人の若手エースとして活躍し、19

高橋かおり
高橋かおりの現在

1980年代〜90年代に子役として映画やドラマで活躍した高橋かおりさん

→もっと見る

  
  • 芸能人 昔の顔 情報局
PAGE TOP ↑